2009年04月30日

ブログをお引越しします!!!


晴れ教材一覧です晴れ

コーチ型人材コンサルタント 吉川直子の人材活用実践ノート-コミュニケーションCD

晴れ社会保険労務士・税理士・行政書士などの士業むけ短時間で信頼関係を築くためのコミュニケーション術


コーチ型人材コンサルタント 吉川直子の人材活用実践ノート-小予算CD


晴れ小予算であなたの社員がイキイキと働くようになる人材活用術

※最新の記事はこちらからどうぞ♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【読者のみなさまへ】



いつもご訪問いただき、ありがとうございます




社会保険労務士の吉川直子です。




このたび、ブログを一新し、お引越しをすることとなりました



お引越しを機に、気合いをいれてブログを更新していきたいと思います




引き続きどうぞよろしくお願いいたします。




新しいブログはこちらです!



「社会保険労務士吉川直子の人材活用コンサルティングノート」

http://www.yoshikawa-roumu.net/blog20090430.html

新しいブログ










2009年04月27日

ハーベスト時間術

みなさま、お待たせしました…!?


私の師匠でありメンターでもある社会保険労務士長沢有紀先生の新刊が、いよいよ発売されます!







何を隠そう、私が社会保険労務士になったのは、長沢先生に出会ったからです。



もう10年以上前、私が社会保険労務士の受験校で勉強をしているとき、担任の先生だったのが長沢先生です。年長者が多い社会保険労務士の世界で、女性でかつ若くて美人の長沢先生が独立されているというお話しをお聞きし、とても刺激を受けました。



その後も、ご長男の出産、双子ちゃんの出産と、仕事も家庭もどちらも決して手を抜くことなく、きっちり成果を出されている長沢先生をみて、いつも


「どうしてそんなにがんばれるのだろう?」

「圧倒的に忙しいはずなのに、なぜあんなにいろいろなことにチャレンジできるのだろう?」



と、思っていました。



その答えが、この本の中に書いてありました。



目先のことにとらわれないで、長期的に夢を実現するためにどのような時間術が必要なのか、この本には長沢先生が10年以上もかけて実践されてきた時間術が、ご自身の体験談(失敗談もあり!)をもとに体系化されているのです。



時間術の本は、本当にたくさん、出版されています。



時間術というと、どうしても「スピード」「効率化」といったところがクローズアップされていますが、そもそも時間術とは、



自分の夢や目標を達成するためにどのように時間を使うのか



ということだと思うのです。



ですから、例えスピードが遅くとも、効率化ができなくとも、自分が納得した時間の使い方をしたうえで、自分の目指していた目標や夢が実現できればいいのだと思います。



実は、私自身は夢や目標を達成する「スピード」はあまり早いほうではない、と自覚しています^^;



ですが、私には私のペースがあるので、スピードはたとえ遅くとも、これまで自分が思ったことをコツコツと積み上げていくことをとても大事にしてきました。



この本には、そのような考え方を肯定してくれる内容が書いてあり、私もとても勇気をもらうことができました!!!



今、不況不況と言われていて、世の中全体が暗いムードになっていますが、やはり大事なことは、




目先のことばかりにとらわれずに、長期的目標をもとに、今、すべきことを実践すること




だと思います。




4月27日(月)〜4月28日(火)の2日間、アマゾンキャンペーンが実施されますので、ぜひ、この機会に読んでみてほしい、1冊です^ー^


【人生の安定成長をうながし 夢を収穫しつづける 「ハーベスト時間術」 】(総合法令出版)
〜右肩上がりに成果が出せる!〜

書籍用サイト

http://harvest-book.net/









2009年04月23日

コーチできない人

私は人の話を聞くのがもともと好きではありましたが、どうしてもニュートラルに話を聞くことができない相手がいます…



それは、「家族」です。



コーチの間でも、「家族にコーチするのは難しいよね〜」という話がでますが、私も例外ではありません…!



やはり、利害関係(!?)があるし、感情的になってしまうところがあるのでしょうね。



というわけで、なんだかんだといいながら、今までオットのコーチもやっていたのですが、(そんな改まった感じではなく…ですが)やっぱり、限度があるなあ、と思っていましたので、このたびマイコーチのご紹介で、オットにコーチをつけることになりました。



私自身も、ほかのコーチの視点を知ることは勉強になりますし、オットもまったく知らない相手のほうが、ニュートラルに話せてよいようです。



オットにこれからどんな変化があるのか、ちょっと楽しみです^^







2009年04月13日

いろいろ、リニューアル中…!


今年に入ってから、コツコツと、いろいろなモノをリニューアルしています。
(このブログも、移転します!)


その中でも、意外と盲点で、かつ影響があったのが「名刺」です。



特に気に入っていなかったわけではありませんが、なんとなく、以前から変えたい、変えたいと思いながらもなかなか変えられず…



すると、自分でも気付いていなかったのですが、自分の名刺を渡すことに抵抗感があったようです(汗)マイコーチと話していたときに、「ハッ!!!」と気づきました。



これではいけませんね



というわけで、名刺もリニューアルします



やはり未完了なことがあると、なかなかエネルギーが上がりません^^;



未完了である項目を整理し、未完了なことをコツコツと完了していく!


王道ではありますが、エネルギーを高めるためには、これにつきる!と改めて思います。







2009年04月09日

今の3倍、単価の高い専門家になるためには?

今週に入って、花粉症がひどいです…^^;


3月末で、いったんおさまったのかと思い、油断してしまいました。覚悟?を決めて、お医者様で薬をもらおうと思ったら、たまたま休診日で(ガックリ)、仕方なく市販の薬を購入、服用しています…。



ところで、最近自分自身の仕事を通して、


士業の仕事はやはりブランドがないと「価格競争」に巻き込まれ、安いか安くないかで判断されてしまう…!


という危機感をシミジミ感じていたところ、いつもお世話になっているセミナープロデューサーの松尾昭仁さんから、




今の3倍、単価の高い専門家になるためのブランド士業&コンサルタント養成セミナー

http://www.next-s.net/kigyou/seminar36.html



を開催されるというご連絡をいただきました!



すごいグッドタイミングです



「ぜひ、あなたにお願いしたい!」



というお客様と、



「誰でもいいから安くやってほしい」



というお客様では、お付き合いをしていく上でも、コミュニケーションの取り方から、仕事のやりとりまで、すべて影響するのではないでしょうか…?



単なる御用聞きになってしまうのか、アドバイザーとして、パートナーとして、お客様と一緒に歩いて行けるのか、その違いは、やはり「ブランド」にあると思うのです。



どこでも同じサービスだったら、そりゃ、安いほうがいいですよね…



忙しいのに儲からない!お客様と対等の立場で付き合えない!とお悩みの方、ぜひこのセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?このセミナーでは士業・コンサルタントが生き抜いていくための「知恵」と「ノウハウ」と「考え方」を教えてくれるそうですよ


---------------------------------------
今の3倍、単価の高い専門家になるための
ブランド士業&コンサルタント養成セミナー
http://www.next-s.net/kigyou/seminar36.html
---------------------------------------
5月9日(土) 13:00〜16:30(会場12:30) 
・東京・池袋(池袋駅徒歩1分)
定員 30名(先着順) 
・一般参加費 19,800円(税込)
――――――――――――――――――――







2009年04月06日

ごく普通の人でも資格をとってきちんと稼げる本

これから社労士・税理士・行政書士などの資格を取りたい…と考えている方に、おススメの本が登場しました



その名も



「ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本」







いつもお世話になっている行政書士の横須賀てるひささんが、満を持して発表された本です。




正直、私自身この本を読ませていただいて、



この本を自分が開業前に読みたかった…!!



と感じました。もしも開業前に読んでいて、実践していたら、余計な時間が短縮されたことは間違いないと思います。これから資格をとって開業する方が、うらやましいかもしれません(笑)



横須賀さんは資格業向けの経営スクール「天才塾」を運営されていて、とにかく数えきれないほどたくさんの資格業もしくは資格業の卵の方々の相談にのっていらっしゃいます。



そのような体験をベースとして、この本では、「社労士の資格を取って成功しよう!」というところから考えるのではなく、資格を選ぶ前に、自分が本当にしたいことを「資格抜き」で考えてから、自分にとってベストな資格を選択するということを提唱しているのです。



データから見ても、中小企業の数は年々減ってきているのに、社労士・税理士などの資格業の数は年々増える一方です。



ということは、必然的に、競争率が高くなり、独自性を出さない限り、価格競争にのみこまれてしまう…というリスクはあらゆるところでも提唱されています。



独自性を出すためにも、取る資格を決めることから始めるのではなく、自分のやりたいこと、得意なことをはっきりさせてから取る資格を決めるのがベストなのです。



もしも、これから資格をとって、将来独立したい!と思われている方、ぜひこの本で目先の資格取得にとらわれない、未来を見据えた上でのベストな資格を選択することをおススメします。









2009年03月24日

冷静に物事を捉えるために必要なこととは?

実は先日、イラっとした出来事がありました^^;



自分でもびっくりしましたが、2〜3日ほど引きずっていました。



でも、視点を変えてみたら、あっという間に気にならなくなってのです。というわけで、ご参考までに私の体験をシェアしたいと思います。



先日新しい仕事のお話しで、もう3年以上もお付き合いがある方と、打ち合わせをさせていただきました。



ところが…



どうもその方の対応が、その都度気になるのです。



というのは、言葉の選び方や、私への態度が、明らかにおかしい。



率直に言うと、言葉の端々に、私を見下したような、馬鹿にするような、そんな態度が感じられたのです。



正直、1度くらいなら特に気にならなかったと思います。ところが、打ち合わせの時間はおおよそ1時間くらいでしたが、1度どころか、何度もそのように感じたのでした。



そうなると、当然私としては腑に落ちませんし、おもしろくありません(笑)



打ち合わせの帰り道から、ずっと悶々とし、



「そんなことなら別に新しい仕事も、無理してやらなくてもいいよ!」



という気持ちになりました。



事務所に帰っても、自宅に帰ってもイライラは収まりません。



自宅では主人に繰り返し話をし、ついに主人にも



「まだそんなこと気にしているの?」


と迷惑がられてしまいました



あまりにも気になったので、どんなところがイラっときたのか、具体的に考えてみることにしました。



でも、よくよく考えてみると、今までその方とお付き合いしていて、そんな風に感じたことは少なくともなかったのです。



「何かいつもと違うことがあって、あのような態度だったのかも…」



そう思うと、確かにこの不況ですし、業界的にも大変な業界だ、ということは私も小耳にはさんでいました。



そのように相手の立場になって考えてみると、いろいろなことが見えてきました。



「ひょっとしたら、会社からいろいろキツク言われて、イライラしていたのかもしれない」


「忙しくて、打ち合わせに乗り気でなかったのかもしれない」




などなど、少し冷静に考えられるようになりました。



思えば私だって、忙しいときや、イライラしたときに、無意識に誰かに不機嫌な対応をしていたかもしれません。(過去を振り返ってみると、思い当たる節があります^^;)



もちろんそのような態度がいい、ということでは決してありませんが、人間誰しも不機嫌なときやイライラしているときに態度に出ることは、ありますよね。



そのように考えたら、急に今までのイライラが、すっかりおさまりました。



もちろん、今後継続的にそのような態度をとられるのであれば、私には「お付き合いをしない」という選択肢がありますので、そのときはそのときで決断すればよいのです



「相手の立場になって考える」



いろいろなところで言われている言葉ではありますが、実践となると、なかなか難しいのだな、ということを改めて感じた出来事でした。











syaroushi_coach at 13:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2009年03月19日

「小予算で社員がイキイキと働くようになる人材活用術」CD先行予約販売中です!

やっーーーと、本日(3月19日)、改正雇用保険法案が衆議院で可決されましたね^^;


年度末の退職者を救済するために、施行日を3月31日に1日前倒しするようです。はっきり決まりましたら、またこのブログでもご案内したいと思います。



さて、このたび、音声セミナー(CD)を販売することになりましたので、ご案内です



昨年12月に行ったセミナー「小予算人材活用セミナー」を再構成して再度収録を行い、音声セミナー(CD)を販売します^−^



【平成21年3月19日(木)〜平成21年3月23日(月)23時59分】



までのお得な先行予約割引もありますので、ぜひ、ご興味ある方はチェックしてみてくださいね





※小予算で社員がイキイキ働くようになる人材活用術CD

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.yoshikawa-roumu.net/cd.html

CD







2009年03月02日

障害者雇用納付金制度が改正されます。

障害者雇用納付金制度が、一部改正されるようですね…。


ちなみに、障害者雇用納付金制度とは…


↓↓↓↓↓↓↓↓

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

「障害者の雇用の促進等に関する法律」では「障害者雇用率制度」が設けられており、常用雇用している社員数が56人以上の会社は、その常用雇用している社員数の1.8%以上の身体障害者又は知的障害者を雇用しなければなりません。


ただし、障害者を雇用するには、作業施設や設備の改善、特別の雇用管理などが必要となるため、会社側にも一定の負担が生じます。


したがって、法律で決められている障害者雇用率を守っていない会社も実際には多く存在します。


このような経済的負担の不公平感を解消するため、そして何よりも障害者の雇用に関する会社の社会的連帯責任を促進するために、「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、この経済的負担を調整し、障害者の雇用を促進するため、「障害者雇用納付金制度」を設けています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


すなわち、一言でいうと、障害者雇用納付金とは、


法律で決まっている障害者の雇用率を満たしていない会社に対して納付してもらう、ペナルティ(いわゆる罰金)のようなもの


を言います。



今までこの納付金の対象の会社は、常時雇用する社員が301人以上の会社でした。


ところが、法改正により、平成22年7月1日からは201人以上300人以下の会社も対象となります。



さらにさらに平成27年4月1日からは101人以上の会社にもこの納付金制度の適用が拡大となります。



この改正により、納付金制度の対象となる会社さんもグン!と増えますので、注意が必要ですね。。



詳しいパンフレットはこちらになりますので、ぜひ、ダウンロードしてみてください。


http://www.jeed.or.jp/disability/employer/download/revision.pdf


なお、法定雇用率を超えて障害者を雇用している場合は、報奨金の支給もありますよ^^










2009年02月21日

若手社員の活かし方・育て方セミナー終了しました!

2月18日(木)に東京しごとセンターさんで行いました



若手社員の活かし方・育て方セミナー



が無事終了しました!




セミナ―02181







当日は50名弱の方にお集りいただきました



セミナーは4部構成。



第1部は、なぜ、若手社員の育成が必要とされているのか、労働力人口の減少や少子高齢化といった時代背景とともに、若手社員育成の必要性と、若手社員の特徴についてお話しさせていただきました。



第2部は、実際に若手社員を生かすには、どうしたらいいのか、何をしたらいいのか?という点を、若手社員活用の課題とあわせてお話しさせていただきました。


第3部は、実際に若手社員を生かすために必要なコミュニケーションとキャリアマネジメントについて。ここは私の専門分野でもある、コーチングコミュニケーションを中心にお話ししました。



そしていよいよ第4部。


第4部は、事例に基づくワークを取り入れました。


第1部〜第3部で私がお伝えしたことを踏まえて、まずは個々人で事例に対する対応方法を考えていただき、その後、グループ討議を行い、グルーブの回答を一つ、発表していただきました。



このワークは、必ずしも正しい回答があるわけではありません。



皆さん、短い時間でしたが、どういう対応をしたらベストか?という点をグループ内で話し合っていただき、発表していただいた内容は、どの回答もポイントをついた、納得感のある回答でした。



セミナー02181








ご参加いただいた皆さんの積極的なお答をお聞きし、私自身が一番勉強させていただいた気がしております



お忙しい中ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!






2009年02月19日

DODAさんでアドバイザーとして回答させていただきました。


少しご報告が遅くなりましたが、



転職情報サイト



DODA


さんの「知って得する!「転職にまつわるお金」の入門講座」



にて、アドバイザーとして回答させていただいております!



http://doda.jp/guide/finance/



よかったら、ぜひ、ご覧ください(^−^)







2009年02月18日

雇用保険の改正について

連日のように人員削減のニュースや新聞が取り上げられていますが、この厳しい雇用情勢を踏まえて、非正規社員(契約社員など)に対するセーフティネット機能、及び離職者に対する再就職支援機能の強化を重点とした雇用保険法の法改正が予定されています



施行期日は平成21年4月1日予定(育児休業給付の見直しは、平成22年4月1日)。


具体的には、以下の通りです。



1.非正規労働者に対するセーフティネット機能の強化


労働契約が更新されなかったため、離職した契約社員などに対して、下記のとおり変更予定です。


●受給要件を緩和(被保険者期間12か月⇒6か月)

●給付日数を解雇等による離職者並に充実


2.再就職が困難な場合の支援強化


解雇や労働契約が更新されなかったことによる離職者については、年齢や地域を踏まえ、特に再就職が困難な場合に、給付日数を60日分延長する予定です。


3.安定した再就職へのインセンティブ強化


●再就職手当の支給要件緩和と給付率の引き上げ(30%→40%または50%へ)

●常用就職支度手当の対象範囲を年長フリーター層を追加・給付率の引き上げ(30%→40%へ)


4.育児休業給付の見直し

●平成22年3月末まで給付率を引き上げている暫定措置(40%→50%)を当分の間延長

●休業中と復帰後に分けて支給している給付を統合し、全額を休業期間中に支給

5.雇用保険料率の引き下げ

●雇用保険料率を平成21年度に限り、0.4%引き下げ(1.2%→0.8%へ)



※改正内容その他詳細はこちらからご覧ください〜!

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/01/h0120-1.html







2009年02月14日

世界で一番大事だよ。


最近ますますおしゃべりになってきた2歳の息子くん。



ちょこちょこ動いて、目が離せません



いたずらもどんどんエスカレートしてきているので、私も家でも、外でも、叱ることが多くなってきました




叱られると、息子はうわーん、と泣きだし、



「ゆうたん、さみしいのーーー←息子の名前はユウマといいます。



と訴えます(笑)。




そして



「怒らないでっ。ゆうたん、ママのこと大好きなのーーー




と主張するのです




そのように言われると、親バカの私は、きゅんっと胸が痛くなりますが、




「ママだってユウちゃんのこと大好きだよ。でも、これはダメだから、叱ったんだよ。」



と、言います。



すると、息子は機嫌を持ち直します。息子からすると、「叱られる=(イコール)嫌われる」と感じているから、叱られると不安になるのでしょうね。



忙しかったり、あまりに言うことを聞かないときは、ついついイラっときて怒ってしまうことも正直あります



でも、彼が生まれてから、毎日寝るときに必ず伝えている言葉があります。



それは


「ユウちゃんは、世界で一番大事だよ」

「ユウちゃんは、ママとパパの宝物だよ」

「ユウちゃんのこと、大好きだよ」



という言葉です。



赤ちゃんで言葉もわからないときから、繰り返し繰り返し、伝えてきました。



そして、これは、コーチングで言うところの「存在承認」というスキルで、



「あなたの存在がすばらしい」


「そのままのあなたでいいのよ」




という私から彼へのメッセージでもあるのです。




最近では、大人がいっている言葉もすっかりわかるようになってきた息子ですが、このようなメッセージを伝えると、照れくさそうに微笑みながら眠りに落ちます。




ここ最近、お客さまとのご相談の中でも、部下や社員を「叱る」ということについてご相談を受けることが多くなってきています。



「叱る」という行為は、土台に「信頼関係」と「愛」がなければ、どんなに叱っても、無意味だと思います。




そして、この「信頼関係」を築くために必要なもの…それはやっぱり




コミュニケーション




だと思うのです。




息子とのやりとり、そして信頼関係を通じて、改めてコミュニケーションの大切さを、実感する今日このごろです







syaroushi_coach at 13:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2009年02月13日

山形に講演にいってまいりました!

昨日は、天童商工会議所様主催の講演のため、山形まで出張してまいりました^^


よく考えてみたら、東北方面の出張は、初めて^^;



「雪とか大丈夫なのかな…」



と心配していましたが、道端に少し雪が残っているくらいで、ほとんどありませんでした。



寒さも、少し風が冷たかったのですが、東京と比較してもそんなに寒い!という印象もなく、やはり温暖化が進んでいるのだわ…と実感してしまいました。
(実際に天童商工会議所の方も、昔より全く雪が降らなくなったとおっしゃっていました)




講演は「高齢者活用セミナー」というテーマで2時間ほどお話をさせていただきました。




高齢者安定法の改正から約3年経過するわけですが、実際にどのように高齢者を活用したらよいのか、という活用のポイント、そして、実際に私が携わった高齢者を活用しているお客様の事例などをご紹介させていただきました。




最近、人材活用のテーマで講演のお話しをいただくことが多くなっています。
(来週は若手社員の活用セミナーを行うことになっています^^)



人材活用は、基盤となるルールをおさえた上で、「高齢者」「若手社員」「女性社員」など、それぞれの社員の特徴にあった対応をしていく必要があります。




このあたりも、また、わかりやすくまとめてブログやメルマガでご紹介していきたいと思います!







2009年02月03日

【若手社員の活かし方・育て方セミナー】のご案内



先日ちらっとご案内いたしましたが、2月18日(水)に東京しごとセンター様主催で、


「若手社員の活かし方・育て方」


というテーマで、セミナー講師をさせていただくことになっております



参加費はなんと、【無料】!!!!


対象者は、中小企業の経営者様や人事担当者様となっています


もしもご興味がおありの方は、ぜひ、この機会にご参加くださいませ



なお、お申し込みやお問い合わせについては、直接東京しごとセンター様の窓口へお願いいたしますね。



【2月18日開催】企業向けセミナー「中小企業の人材基盤〜若手社員の活かし方・育て方」

主に30歳未満の若手社員活用のための取組ポイント、コミュニケーションについてのセミナーです。

【要予約・参加費無料】

◆開催日

平成21年2月18日(水) 10時〜12時

◆場所
東京しごとセンター(飯田橋)3階セミナー室

◆内容
労働人口の減少が見込まれている中、中小企業にとっては人材活用、人材育成は避けては通れない課題となっています。
このセミナーでは、主に30歳未満の若手社員活用のための取組ポイント、コミュニケーションについて学び、具体的な事例を取り上げ、若手社員に対する必要なフォローについて、理解することを目的とします。

◆お申し込み
東京しごとセンターヤングコーナーセミナー事務局
03-5211-2862

※詳細はこちらからご覧ください

※詳細が書かれたご案内のチラシはこちらからご覧ください









2009年01月27日

いよいよ最終回!です

スタッフ











2006年10月号からスタッフアドバイザーさんに連載をさせていただいていた



「知っているようで知らない社会保険実務の手引き」



が、いよいよ2009年3月号で【最終回】となります



2年半という長期連載を担当させていただきました。ここまで続けてこれたのは、編集部の皆さん、そして読者のみなさんの応援のおかげです!



本当にありがとうございます



ちなみに…この2年半の間に下記の内容で執筆をしました。


・2006年10月号 社員がケガ、病気をしたときの実務(業務外)
・2006年11月号 社員がケガ、病気をしたときの実務(業務上パート1)
・2006年12月号 平成18年社会保険法改正と来年度の留意点
・2007年 1月号  社員がケガ、病気をしたときの実務(業務上パート2)
・2007年 2月号 社員が入社したときの社会保険実務と助成金
・2007年 3月号 社員が出産、育児をしたときの実務
・2007年 4月号 社員退職の社会保険実務と助成金への影響
・2007年 5月号 労働保険年度更新実務
・2007年 6月号 賞与支払いと社会保険実務
・2007年 7月号 算定基礎届の作成と注意点
・2007年 8月号 労働基準監督署の調査が入ったときの対応方法
・2007年 9月号 就業規則と労使トラブルの関係
・2007年10月号 雇用保険法の改正と実務の影響
・2007年11月号 社員が結婚・引越しなどをしたときの社会保険労働保険の実務
・2007年12月号 医療費を全額自己負担したときの実務と高額療養費の仕組み
・2008年1月号  社員が高齢になったときの実務
・2008年2月号  社員が通勤途上で交通事故にあったときの実務
・2008年3月号  パートタイマーの社会保険労働保険加入基準とパートタイム労働法の法改正について
・2008年4月号  社員や社員の家族が死亡したときの実務
・2008年5月号  労働保険年度更新の実務
・2008年6月号  会社が住所変更・社名変更をしたときの実務

・2008年7月号  算定基礎届の作成と注意点
・2008年8月号  新しく会社を作ったときの社会保険・労働保険加入の実務
・2008年9月号  各種労使協定作成の実務
・2008年10月号 兼務役員の雇用保険加入の実務
・2008年11月号 求人募集の実務
・2008年12月号 うつ病社員の休職の実務
・2009年1月号  社員が介護休業をとるときの実務



連載中は時には筆が進まなくて、ウンウン苦しんだことも1度や2度ではありません…!


それでも、自分の今までの経験を、文章化させていただくことで、何より私自身が一番勉強になりました。


拙著「社会保険労働保険はじめての届け出&かんたん手続き」(←こちらも好評発売中!)は完全に実務の解説本でしたが、スタッフアドバイザーさんでのこの連載は、


食品卸売業の株式会社エリミノという会社を舞台に、社長さんと総務担当者の疑問に社会保険労務士である私(吉川)が回答・解説していく


という形式をとっていましたので、私としても楽しんで書くことができました。


何だか、カワイイわが子が、成人して旅立っていくような…そんな気持ちです(笑)


最終回は、どのような内容にしようか、締め切り直前にも関わらずまだ迷っていますが、最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います!










2009年01月24日

東京しごとセンター

東京仕事センタ













昨日打ち合わせで東京しごとセンターさんに行ってきました。




東京仕事センターとは、東京都が都民の雇用・就業を支援するために設置した、しごとに関するワンストップセンターです。




私がお伺いしたのは、3階の「34歳以下対象のヤングコーナー」だったのですが、すごい充実した施設に、びっくり!




34歳以下の求職者の皆さんを対象に、様々なセミナーや模擬面接、カウンセリング、といったサービスを提供しています。




ちょうど私がうかがった時は、ジョブパーティというイベントが開催されていました。




ジョブパーティとは、指定の講習を受講した受講生が、一般企業の方と、ざっくばらんに思っていることや仕事について気軽に話したり聞いたりできる場のことです。




外から見学させて頂きましたが、参加している受講生の方と企業の方数人がグループとなり、一定の時間内でお互いに聞きたいことをワイワイとお話しをしていました。




このほかにも、いろんなイベントが随時行われていて、しかも、原則として、費用が無料なのです^^




意外とこの施設を知らない方も多いのではないかと思いますが、もしも興味があったら、ぜひ、一度行ってみてください!




・・・で、打ち合せの目的なのですが、今度2月に




「若手社員の活かし方・育て方」




というテーマで、こちらの仕事センターさん主催のセミナーにて、講師を務めさせていただきます!




もちろん、参加費は【無料】!




詳細はまた、改めてブログやメルマガでもご案内しますね(^^)







2009年01月21日

リーダーに必要なものとは?


朝イチで、オバマ新大統領の就任式を見ました。そのパワフルで、自信に満ちたスピーチにくぎ付けになりました



目の前には、深刻な課題が山積みです。



それでも、彼なら、やり遂げる。そして一緒に新しいアメリカを作っていける!



就任式に集まった国民の一体感に、感激して鳥肌がたちました。



オバマ氏の就任式をみて、改めて



「リーダーに必要なものとは?」



と考えました。



信念をもってやり遂げる、という意思とそれを「伝える力」。


そしてどれだけ、リアルに物語を語れるか。




これは、規模こそ違うかもしれませんが、経営者も、管理職も、まったく同じではないでしょうか?



リーダーに不可欠な能力だと改めて思いました








2009年01月20日

新年会

こちらの講座でご一緒した皆さんと先日新年会を行いました〜!




場所は渋谷のプティ・サレさん、というプレンチビストロ(↓写真がうまくとれず、スミマセン・・・)


新年会















今回都合が合わずに参加できなかったOさんのご紹介のお店とあって、お料理もお酒も絶品!堪能しました^^




昨年の2月から6月まで、約4ヶ月間、講座を一緒に受講し、苦楽を共にした仲間5名が集まりました。






講座では、普通では話せないようなことも、恥ずかしい姿やみっともない姿も見せあったりしました。




いろいろな分野で活躍している方々と、講座終了後も定期的に会えると楽しいですね!




このあとも、1月はいくつか新年会が続きます(^−^)







syaroushi_coach at 12:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年01月19日

小さくても、いいのです!



2009年の抱負や目標、きっと皆さんも決められたことと思います。


抱負や目標が決まったら、次にやるべきことは…


そう!


「行動を起こすこと」


ですね。


行動が大事!!ということは、あちらこちらで言われていますし、おそらくほとんどの方も知識としてご存じのことと思います。


ですが、この「行動する」ということが意外とハードルが高かったりして・・・


ついつい億劫になってしまい、行動することを後回しにしてしまう…ひょっとしたらそんなこともあるかもしれません。



実は私自身も、昨年から1〜2か月くらい、ずっと悩んでいたことがありました。



悶々と自分の中で考えていましたが、コレが決着がつかない限り、前にも後ろにも進めないような出来事でした。


そこで、思い切って行動することにしたのですが…


その行動とは、



ある人に1通メールを送る



という行動だったのです。


メールを送った後、すぐにその人からメールの返信があり、なんと…!あっという間に悩みは解決したのでした^^;



メールと言っても、すごい長文のメールではありませんよ。



本当に、短い、簡単なメールです。



それでも、たった1通「メールを送る」という「行動」を起こしたことで、前に進む道がはっきりし、自分が悩んでいたことがスッキリ解決するのだから、本当に不思議です…!



「行動、行動!」と言われると、何だか引いてしまう人もいるかもしれませんが、決して大きな行動である必要はありません。



ほんとーーーに小さな、些細なことでいいのです。



ほんの些細な小さな行動でも、これだけ変化があるのだな〜〜〜〜と改めて感じた出来事でした







syaroushi_coach at 12:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング