2005年06月

2005年06月29日

自分をふりかえる。

人気ブログランキングに参加しています!ココをクリックして今の順位を確認してみてください!


昨日記事にした「飲み会=(イコール)投資?」については、自分なりの結論がでました。


すみません、単なる自分に対するイイワケでした!!


多分「遊びすぎじゃない?」とか「お金使いすぎじゃない?」という声がどこからともなく聞こえてきそうだったので、コレに対する無意識の抵抗だったようです(笑)。


ハズカシながら、みなさんの記事を読んで「回収」という言葉を見たときに、何も考えていなかったことに気がつきました。


「回収」を考えていない「投資」なんてありえない!ですよね!


というわけで、単に「お酒が飲むのが好き」なんだ、と改めて認識させていただきました…。いいのだろうか?こんな結論で?


話しは変わり昨日は外出せずにコーチングと事務処理の1日でした。


実は今自分のプロフィールを再作成中です。


先日受けたブログコンサルティングの中のひとつに、「自分自身のプロフィール欄の充実」という課題がありました。


今のプロフィールは、社会人経験のみ記載していましたが、自分なりに、また自分のコーチとのコーチングセッションのテーマとして、再度自分の過去を振り返ってみると、おもしろいことがわかりました。


自分では気づいていなかったのですが、社労士試験に合格し、この仕事をしている、という事実は、私にとって過去からのある出来事とつながっていて、自分で意識していなかったのですが、実は意味のあることだったんだということに気がつきました。


コーチの私が言うのもなんですが、意外と自分のことってわかっているようでわかっていないんですね…。


やはり定期的に自分のことを見直す時間を持つことは本当に重要だなーと感じた出来ごとでした。そのためにコーチとのセッションの時間があるのかもしれませんが…。


というわけで、完成したらまたプロフィールをアップしますので、みなさんどうぞみて下さいね。


最近つぶやき系の記事ネタが多いのねーとご立腹(?)の方も!人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪





2005年06月28日

飲み会=(イコール)投資?

人気ブログランキングに参加しています!ココをクリックして今の順位を確認してみてください!

暑い…今日もクーラーのない部屋でブログ書いてます…(・_;)
暑さのせい…ということで(?)今日は飲み会の話です。


何度かブログ上でも記事にしていますが、私はまあまあ(?)お酒が飲めるほうです。


というわけで、よく飲み会に行っています。。ちなみに5月・6月とも飲み会出席回数は各月7回です。(⇒コレッて多いでしょうか?そんなことないですよね?)


このほかに夫と二人で週1回は飲みにいっています。
お酒代にいくら費やしているんだ?とちょっとコワくなりますが…。


でも私は飲み会にいくことを「投資」だと思ってます!!


正直飲み会代を計算するとバカになりませんが、得るものはとっても大きいのです。やはり「夫婦で社労士!!」先生も記事を書かれてましたが、「飲みニケーション」は重要です!


普段はなかなか聞けないプライベートなお話しや、その人の考え方など聞くことで、お互いに親近感がわいてきます!


飲みに行くと相手との距離が縮まります!!(^-^ )


飲む量は意外と周囲のヒトの飲むペースにつられる場合が多いですね。周りの方がガンガン飲んでいると、自分もハイペースになりますし、そんなに飲まれない方との飲み会の時には、自分もカワイク飲んでます(笑)。


どうも第一印象的にはあまり飲めないように見えるみたいです。会社勤務時代はあまり積極的には飲める!とアピールしていなかったので、実際飲み会に参加して飲んでいると


「吉川さんって、お酒飲めるんだねー。」


と驚かれます。
そうこうしているうちに、定期的に飲み会を開催する仲間があちこちに…(笑)。


ここまで記事を書いてきて、何だか、ただお酒が好きだと言うのに気が引けて、「投資だ!」と言って自分を正当化している気がしてきました…。


暑さのせいだと思ってさらっと流してください(笑)。


なんなんだ今日の記事は?!とご立腹(?)の方も!人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪






2005年06月27日

元OL社労士の事件簿〜退職予定者が年休を請求(3)〜

人気ブログランキングに参加しています!ココをクリックして今の順位を確認してみてください!

ここ何日か毎日暑いですねー。ちなみに吉川の仕事場はクーラーがついてません!!

もともとあんまりクーラーは好きなほうではないのですが、さすがにこう暑いとキビシイですね…。
とりあえず扇風機を出してきて暑さをしのがなければ…。

ではまたまた連載中(?)の「元OL社労士の事件簿(3)」を引き続きどうぞ!(いつ終わるんだコレ…)

【あらすじ】開業して○年目の女性社労士である「わたし」が、顧問先にて「退職予定者が業務引継ぎが完了していないのに、退職日までの残りの2週間について、未取得の有給休暇をとりたい!と主張してきたがどのように対応したらよいのか?」
という相談を受けた…。

詳しくは「元OL社労士の事件簿(1)」「元OL社労士の事件簿(2)」をご確認ください!

ちなみに…この話は間違いなくフィクションです!!さらっと読み流してくださいね。さらっとでお願いします!

----------------------------------------------------------------

わたし:
「いくつか対応方法があるんですが、それをざっと説明しますね。

1.双方合意のもと、退職日を延期して、業務引継ぎが終了してから、残っている有給休暇を取得してもらう。

2.退職日はそのまま(6月30日)で、業務引継ぎを優先してもらい、有給休暇については未消化分を買い上げるという形で対応し、退職とする。

3.退職日はそのまま(6月30日)で、最低限の業務引継ぎをしてもらい、その後退職日までの残日数について有給休暇を取得してもらい、退職とする。」


わたしはノートに大きく箇条書きを始めた。

ちなみにわたしはこういったときにメモを活用することが多い。自分で話していても頭の中をまとめる意味でも、箇条書きにすると、とてもわかりやすいのだ…。


A社担当者:
「自分には今ひとつ違いがよくわからないんですが、いちばんどれが一般的で、問題が少ない対応方法なんでしょうか??」



わたし:
「最終的にはその従業員の方とのお話し合いにより決めることとなるんですが、順番に説明しますと

「1」:一番従業員にとって有利。

「2」:双方とも妥当な対応。

「3」:会社にとって有利。

ということになりますね…。」


A社担当者:
「うーん。なるほど!!ということは、会社としては「3」に持って行きたいところですが、結局従業員が「3」の対応で、「YES」というかどうかが問題なんですよね…。

もし「NO」といわれて強引に「3」で退職させた場合は、何かあとあと問題になることがありますか?」


わたし:
「正直言って、問題になる可能性はありますね。結局権利として発生している有給休暇を普段の職場で取りにくいような運用をしていた会社側に、何か問題があるんではないか?と指摘される可能性が高いんです。

実務的にはいろいろと会社側も有給休暇を取りやすい配慮をしなければなりませんので…。」



A社担当者は「はあっーーー」と大きなため息をついた。


A社担当者
「今回退職する従業員は、どうやら自分自身で役所に問い合わせたり、いろいろな方から情報収集をしているようなんですよ。そうするとのちのちのことも考えると、会社にメリットが高い「3」での処理は難しそうですね…」



A社担当者の言葉から、今回の対応について「3」という選択肢はない、という判断になりそうだ。


またまたつづく…。
この記事が参考?になったようでしたらぜひ!人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪










2005年06月24日

元OL社労士の事件簿 〜退職予定者が年休を請求!(2)〜

人気ブログランキングに参加しています!ココをクリックして今の順位を確認してみてください!

昨日はビジネスノウハウ大学の内田拓男さんと早起き起業家塾!〜突然の独立起業日記〜の若林修さんの事務所へおじゃましました。(というよりは強引に押しかけたという感じですが…)


たっぷり「アホになる」お話しを聞かせて頂きました!なんてオトク…。


ちなみにこの「アホになる」の意味を知りたい方は、先日の内田さんのセミナーのCDが販売になりましたので、こちらをご覧ください!⇒詳細はこちらから

内田さん









では一応連載(?)の「元OL社労士の事件簿(2)」です!
----------------------------------------------------------------

わたし:
「さきほど『労働者は有給休暇を取得する権利がある』とお話ししました。

ただし、「例外」として、会社側には休暇をとられることで『業務の正常な運営を妨げる場合』にのみ、有給休暇の取得時期を変更する権利があるんです。」


A社担当者:
「ええっ!じゃあ今回のケースはまさしく会社側からすると『業務の正常な運営を妨げる場合』に該当するじゃないですか!

そう考えると従業員の言うとおりに有給休暇を取得させなくてもいいんじゃないんですか??」



A者担当者の言うことはごもっともである。


退職前の2週間弱の期間、引継ぎ業務ができないことで会社側は被害を負うから、会社側には有給休暇の取得時期の変更する権利を行使できるのではないか?との主張だ。


ただ、結論は「行使できない」!!


わたし:
「普通に考えるとそう思えるんですが、今回のケースは『業務の正常な運営を妨げる場合』に該当しないんですよ…。

一般的な基準でなく法律上認められた基準で考えなければいけないので、本当に従業員が時季指定したときに『業務の正常な運営を妨げる場合』のみにしか、認められず、この基準はとてもキビシイんです…。


また、退職日以降へ有給休暇の時季を変更する、という考え方が原則認められていないのも理由のひとつですね…。」



A社担当者:
「そうなんですか…。今回のケースがその「例外」に該当しないってことは残念ですが、よくわかりました。

結局従業員が有給休暇を取得する権利は守られているってことですよね。
労働基準法って労働者の権利を手厚く保護する法律なんですね…。」


わたし:
「さきほど就業規則を確認させてもらいましたよね。実はそれも理由があるんです。

就業規則の定め方でリスク管理ができるケースもあるんですが…」


A社担当者はわたしの話を聞きながら、なかばあきらめ顔でつぶやいた。

A社担当者:
「じゃあ今後はそういったことも考えて就業規則も作らないといけないんですね…。

うーん。いろいろ複雑ですね。

ま、今後のことはまた別に相談させてもらいますが、とりあえず今このケースに関してはどんな風に対応するのがいいのかを教えてほしいんですが…。」

わたし:
「そうですね。じゃあ、これから実務的な対応について一緒に考えてみましょう。」



わたしは持ってきたノートに箇条書きをはじめた。

つづく…(???)

この記事が参考?になったようでしたらぜひ!人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪





2005年06月23日

個人ブランドについて考える。

人気ブログランキングに参加しています!ココをクリックして今の順位を確認してみてください!おかげさまでランキング回復してきました!


ここ2日ばかり『個人ブランド』について考えるキッカケがありました。

6月21日(火)は先週ブログコンサルティングをしていただいた行政書士横須賀てるひささんがライブドアで実施された「実践的ブログ活用セミナー」に参加しました。

午後いっぱいかけたかなり充実したセミナーの内容で、先週個別に指摘してもらった改善点について再度練り直すことができ、かなり明確になりました。

セミナー後は逆輸入マーケッターの富田貴典さんとすでに1万部のメルマガを発行されているTulipaさんこと外間(はかま)秀幸さんとブログの可能性やインターネットビジネスについての情報交換をしました。

その後自宅に帰って午後11時からは自分のコーチとのセッション。
ここでこの日のブログセミナーで答えがでなかった「個人ブランド」をテーマにしてコーチングをしました。


かなり濃い1日をすごすことができました。


また、6月22日(水)は独立系人気コーチの谷口貴彦さんの企業研修サポート役でとある会社へ訪問。朝10時から午後5時までほぼ1日かけた研修です。


これから約1年間の間、毎月1回サポート役で参加させていただきます。


谷口さんはコーチ21のクラスコーチもされており、私もクラスを受講したことがありますが率直かつ力強いフィードバックが印象に残っています。常に担当するクラスは人気で、私があこがれるコーチのひとりです。


今回あるコーチング勉強会のメーリングリストの中でサポート役募集を見たときこれはまさに私のためにある募集だ!と勝手に解釈させていただき(苦笑)立候補しました。


5月7日に記事にしたコーチだらけの飲み会でお会いしていたので、すんなり立候補することができましたが、もしこの飲み会に参加していなかったら、おそらく立候補する勇気をもてなかったと思います。

そう考えるとほんとうにすべて必然な出会いなんだと感じます。

この日の研修の課題のひとつにも「個人ブランド」が取り上げられました。
やはり早急に「個人ブランド」の確立が必要だと痛感しました。

それにしても谷口さんと一緒に仕事ができることに感激し、終始興奮気味でした!

その後午後7時半からは別件のお仕事の打ち合わせがありました。年金と退職金がらみのお話です。こちらも並行して対応していきたいと思います。


ところで…「元OL社労士の事件簿」クレームの嵐だったらどうしよう??と心配していましたが予想に反して反響がありビックリです。(実は内心あせってます)

オチどうしよう…??

この記事が参考?になったようでしたらぜひ!人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪





【セミナー告知】平成17年6月24日「決定版!知り合いにも教えたくなる個人事業主向け節税ヒント集」

先日記事にもさせていただいた行政書士横須賀てるひささんが主催されている起業家応援プロジェクト異業種交流会の

「第8回 2ステップミーティング『決定版!知り合いにも教えたくなる個人事業主向け節税ヒント集』」


が平成17年6月24日(金)に開催されます。
※2ステップミーティングとは、セミナー&交流会の2段階(2ステップ)で人脈形成の場を提供します。

じつはこの2ステップミーティングに私吉川はサポート役として出席予定です!!

さらにあの人気ブログ「人事労務屋のつぶやき」の社会保険労務士 田代英治さんも参加予定です!!
(私も田代さんに実際にお会いするのは初めてなのです。そういった意味でもすごく楽しみです。)続きを読む

2005年06月21日

元OL社労士の事件簿〜退職予定者が年休を請求!(1)〜

人気ブログランキングに参加しています!ココをクリックして今の順位を確認してみてください!じつはランキング下降気味でヘコんでます…(-_-;。

「プロ論」の余韻を残しつつ、昨日はお休みしてしまいました…。スミマセン。

突然ですがタイトル見て「ナニこれ???」って思った方もいますよねー!

じつは山田真哉さんの著書「女子大生会計士の事件簿」の社労士版をねらって?始まったこの企画です(笑)。他にも誰かやっていそうでコワイですが…。

社労士って何する人?という質問が多いので、物語風にするコトで、何となく社労士の仕事をイメージしてもらえるとウレシイです。さらっと読み流していただければ幸いです。さらっとお願いします!!
---------------------------------------------------------------

わたし:
「えっ。6月末退職者が有給休暇を申請したいって言ってきたんですか?」

A社担当者:
「そ、そうなんですよ。まだロクに業務の引継ぎも終わっていないっていうのに!!そんなことって可能なんですか??」


ここは東京都内のS区にあるA社応接室。社員は100人ほどで、わたしはコノ会社の労務顧問をしている。


あ、自己紹介をすると、「わたし」は開業○年目の女性社会保険労務士である。大学卒業後に入社したアパレルメーカーが1年で倒産し、24才の若さで失業してしまった。


その時全く知らなかった、社会保険の切替えや、雇用保険の失業給付について自分がいろいろと経験したことで「社会保険労務士」の仕事に興味を持ち、この「社会保険労務士」の仕事に就いた。


あれから早△年…。目下の悩みは「社会保険労務士」が何をする人なのか?あまりにも認知度が低くて悲しい、ということかも??

ところで本題に戻ると今日は6月21日。

お客さまから相談したいと言われ、早速会社訪問したところ、コッソリと相談内容を打ち明けられた。


内容を確認すると、どうやら6月30日に退職予定の従業員が、退職日までの日について有給休暇を使いたい…といってきているらしい。

退職届の提出がされたのは5月末日。

その後後任担当者を決めたりして、すでに業務の引継ぎが始まっていたようだが、突然昨日、残りの2週間弱の日についてたまっていた有給休暇をとりたいと言い出したらしいのだ。

A社担当者はかなりご立腹だ。

わたし:
「ちなみに就業規則はどのように規定してるんですか?」

A社担当者:
「これが就業規則なんですが…。」



手渡された就業規則をめくってみる。

「退職」の項目がどのように定められているかを確認してみる。

わたし:
「…うーん。一般的な規定ですね。」


--------------------------------------------------------
【A社就業規則一部抜粋】

(退職)
第○○条 従業員が次のいずれかに該当するときは、退職とする。
1.本人が退職を申し出たとき
2.死亡したとき
3.期間を定めて雇用されたものが雇用期間を満了したとき
4.休職期間が満了して復職できないとき

--------------------------------------------------------
わたし:
「結論からいうと、この従業員の方の有給休暇は権利として発生しているので、原則は取得させないといけないんですよね…。

例外もあるんですが、今回お話うかがったケースだと、例外に該当しないんですよね…。」

A社担当者:
「ええっ?取らせないとダメ!?そんなバカな!?」


わたし:
「うーん。。確かにそんなバカな!?って気持ちもよくわかるんですが…。」


納得できない!!という顔をしたA社担当者はわたしの顔を真剣に見ている。わたしは意を決してA社担当者へ話すことにした。

つづく…?

この記事が参考?になったようでしたらぜひ!人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪





2005年06月19日

■プロの定義■30/31

人気ブログランキングに参加しています!プロ論の前に今の順位を確認してみてください!

吉川は6/18、6/19の2日間で行われる「プロの定義」に参加しています!

「プロ」って何だろう????

この疑問を31名のブロガーが一堂に会して「プロ論」を展開いたします。企画詳細はこちから♪


では早速!吉川の考える「プロの定義」はコレです!

「相手の話や意見を受け入れることができ、かつ、自分も相手も納得したサービスができる人」

どういうことか??といいますと…

◆相手の話や意見を受け入れることができる◆

最近よく感じますが「人の話を聞けない人」って意外と多くありませんか?

特に私のいる社労士業界も含めての士業のセンセ方は、自分の知識やら経験に凝り固まっていて、新しい情報や他の人、お客さまの意見を受入れられない人、結構いるんですよね…。(もちろんそうじゃない先生方も沢山いますよ。)


でも…


はじめから相手の話しや意見を聞かずに自分の知識を押しつけても相手は納得するでしょうか…?これって自己満足のサービスじゃないでしょうか。

たとえ相手の言っていることが間違っていることがあるとしても、いったんは相手の話しを聞いて受け入れることができる…これって重要だと思います。


◆自分も相手も納得したサービスができる◆

↑上ではいったん相手の意見を受け入れる!と定義しました。

でも逆に相手の意見をそのまま受け入れて、自分はどうも納得していないけれども、相手に言われたからイヤイヤやっている…。という状況はどうでしょう??

これって相手は満足しているかもしれませんが、自分は満足していませんよね。

プロってやっぱり、相手の満足も大事ですが、自分自身も納得したサービスを提供することが大事だと思うんです。

自分の仕事(社労士)に置き換えてみれば、相手の言っていることや要望がたとえ間違っていたりズレていたりしても、いったん受け入れた上で、きちんと自分の知識や経験をもとに意見を主張し、相手を納得させることができる…。

これがプロだと私は思います!!

プロの定義参考になった!と思われた方は人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪






2005年06月18日

うーん。やっぱり・・・

人気ブログランキングに参加しています!昨日の更新がランキングに反映されていなくて、ランキング急降下中です…(-_-;みなさん応援クリックよろしくお願いします!


昨日は午後から仕事の打ち合わせで埼玉方面へ外出し、その後夜から行われるコーチングの勉強会に出席しました。

お仕事打ち合わせ後の感想:

「うーん。やっぱり年金勉強しないとなー。」


他のお仕事でも、年金がらみの話しは多くなってきてます。年金…複雑なので私も正直得意!ではありません。。でも複雑なものこそ簡単に説明ができるようになったら、カリスマセミナー講師!…になれますかね??

コーチング勉強会の感想:

「うーん。やっぱり『ニーズ』ってむずかしい…」


今回のテーマは人における『「価値」と「ニーズ」』について取り上げていたのですが、このテーマは正直むずかしくて、まだ完全な答えを見つけていません。

何ごともそうかもしれませんが、特にコーチングは、知識以上に実践で体得した感覚が非常に重要なところが多いんですよね。

とにかく実践あるのみ!で感覚を研ぎ澄ましていくしかありません!!来週はとある企業コーチング研修会のサポート役で参加する予定があります。一歩一歩確実に経験を積み重ねていきたいと思います♪

ランキング急降下中でヘコんでます(-_-;。暖かい人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪


突然ですがココで予告です!

よしかわは6/18、6/19の2日間で行われる「プロの定義」に参加しています!

「プロ」って何だろう????

この疑問を31名のブロガーが一堂に会して「プロ論」を展開いたします。企画詳細はこちから♪
…というわけで、6/19(日)に「■プロの定義■30/31」というタイトルで記事をかくのでお楽しみに!





2005年06月17日

横須賀てるひささんと接近戦!!

人気ブログランキングに参加しています!よろしければまずは今の順位を確認してみてくださいね。


昨日のミニブログ会議のお題ではないですけど「自分がブログをやっている目的」を改めて考えています。

ブログを始めて約6ヶ月たちますが、今まで継続してきたことで、セミナーに参加したり、オフ会に参加したり、お仕事の依頼を頂いたリ…と本当にたくさんの効果がありました。

ただ私の場合は人脈もコネもお客さんもナイナイづくしで開業し、ホントに日々悪戦苦闘しながら仕事していますので、やっぱり自分の中でのブログの位置づけは、「営業ツール」のひとつとして使用したい!という思いがあります・・・。

今までもビジネスブログ勉強会に参加したり、ブログの本を購入したりと、自己流で色々と試してきましたが、どこか中途半端な印象が自分の中であり、もうちょっとビジネスブログを意識して戦略的に使わないとなーと思っていました。


そんなタイミングで、本当に偶然(いや必然)なのですが、先週「小さな会社の逆転戦略 最強ブログ営業術」著者の行政書士横須賀てるひささんの出版記念パーティに参加しました。


正直横須賀さんとはブログ上でやりとりしたこともなかったので、パーティ参加はちょっと不安ではあったのですが、このパーティの開催告知を見た時に「参加してみよう!」と思った自分の直感を信じて思い切って1人で参加してみました。

当日のパーティでも横須賀さんとは本当に少ししかお話しできなかったのですが、あるキッカケで横須賀さんに私のブログ構築のコンサルティングをして頂くことになり、昨日横須賀さんとお会いしてブログ構築コンサルティングを受けてきました!!

---------------------------------------------------------------

横須賀さん:(よしかわのブログを見ながら…)

「ここは○○という感じがしますね」
「この表現からは自分はこういう意味だと思いました」


とさわやか〜!?かつズバズバと私のブログについての感想やら指摘やら改善点を率直に言ってもらいました。

横須賀さんから言葉が飛んでくる都度

よしかわ:

「うわー。読む人はそういう風に見てるんだー!」
「自分でも直した方がいいかなーと思ってたど、やっぱそうか…(^^;」


とヘコみつつも説得力がある指摘に妙に納得して、大きくうなずきながら聞いていました(笑)。

--------------------------------------------------------------
今まで何となく自分のブログの感想を聞いたりしたことはありましたが、ここまで率直な意見やら感想を聞いたことはなかったので、自分以外の第3者の目でみた視点、切り口、受け止め方など意見を聞くことは本当に勉強になりました!!

というわけで、「こりゃ覚悟を決めてリニューアルしないと!」と心に誓いました。やるぞ!営業ビジネスブログへの大改善!!です!

よーし行動するぞーー。


今日の記事が参考?になりましたら人気ブログランキングへの投票をお願いいたします!ありがとうございました♪