2006年03月

2006年03月29日

何か起こったときに問題になる!

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪



何を今さら改めて言うのか、と思われるかもしれませんが、



「何かトラブルが起こったとき」



にやっぱりポイントとなるのは



『就業規則』でどのように定めているか?


だと思います。


以前担当した腰痛がらみの治療費の問題で、労災になるか?それとも健康保険で対応か?といった微妙な案件がありました。



当然労災のほうでいったん申請をしたのですが、労災の認定がおりるまで、調査に若干時間がかかります。



よって、その間の従業員の「休職」の扱いが問題になってくるわけです。



一般的な就業規則には、


「労災かどうかが認められるまでの間の従業員の取扱いについて」


まで細かく記載されていません。このクライアントさんの就業規則もそうでした。


結果、従業員に不利がないような取扱いをすることで落ち着きましたが、こういった場合もきちんと就業規則で決められていると、いざという時の対応の判断を迷わなくていいわけですね。


もちろん「何か」がないのが一番いいに決まっています。


でも、「何か」起こったときには対応しなければなりません。


逆にいえばこの「何か」起こったときは自社の就業規則や、自社の管理体制を見直すいいキッカケとなるわけです。


ただし、何とかうまくやりすごし?あとのことは「喉元すぎたら熱さ忘れる…」といった対応では困りますが(汗)。


そうならないためにも、私たち社労士の立場から、就業規則の重要性や見直すキッカケをお話ししておく必要がありますね。


こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪

----------------
無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月28日現在発行部数1090部)








syaroushi_coach at 09:27|この記事のURLTrackBack(0)社労士実務ネタ 

2006年03月27日

外資系企業と日系企業のちがい?

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


今まで社労士として色々なクライアントさんとお付き合いしてきましたが、そこで感じたことがあります。


それは


クライアントさんごとににクセ


がある、ということです。


細かく言えば、一つ一つのクライアントさんは業種も、仕事内容も、規模も、売上も、抱えている課題も、全部異なりますので、当然といえば当然ですが、中でも


外資系企業と日系企業の考え方のポイント


との違いは実際にお付き合いをしてみて大きく感じたところでした。


もちろん、基本は同じなのですが、やっぱり感じるのは、外資系企業のクライアントさんは、「根拠」を重んじるということです。


「根拠」というのは「これがいけないのは、どの条文のどの部分に抵触するからダメなのか…」ということです。


以前ある大規模外資系クライアントさんが、会社で大掛かりな引越しを予定しているとき相談されたのですが、職場で使用していた冷蔵庫を衛生上問題があるので処分したいが、「根拠」がないと従業員に説明がつかないので、労働安全衛生法などで何か根拠になる条文があるか???という質問を受けたことがあります。。


ただ、コレは決して日系企業のクライアントさんがそうではない、ということをいっているのではありませんが。


日系企業の特徴として、以前はどちらかというと「なあなあ」で通じてしまうことがあった感じを受けました。


日本人の人間性というのでしょうか、お互い口には出さずにお互いの立場を察して尊重して協調してうまくやっていきましょう…という感じでしょうか。


それでも日本も最近は契約社会となってきましたので、以前ほどは「なあなあ」でことがすむことも少なくなってきましたね。(ちょっと寂しい?ですが)


実際最近担当した労使トラブルでは、労働者さん側が弁護士をたててきて交渉をしたりと、意識も変わってきていることも事実です。


いずれにせよ、その会社さんの特徴にあわせた対応が必要となるのでしょうね。


こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪

----------------
無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月8日現在発行部数1066部)








syaroushi_coach at 10:44|この記事のURLTrackBack(0)社労士実務ネタ 

2006年03月23日

変わるキッカケ!

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


昨日約1年間谷口貴彦コーチとご一緒させていただいたコーチングの企業研修が終了しました。


1年前と比較して、研修に参加されている社員の方々が明らかに成長されいく姿をみて、とても感動しました。


そして


「人間の可能性って無限なんだ!!!」


と感じました。そして、人間が変わるキッカケ…これに大きく関わっているのものの1つに「コミュニケーション」があるんだ、と改めて思いました。


ほんのちょっとのたわいもない話しが、モチベーションを上げたり、落ち込んでいた気持ちを奮いたたせたりするんですね。


よくコーチングの研修は、受けていて楽しいし、参考になるけど、その成果をどうやって計るかが問題だ…という話しを聞きますが、この研修を通して、間違いなく「コーチング(コミュニケーション)」は、人が変わるキッカケを作っているんだと確信することができました。


ただ、もちろん成長や変化のために「キッカッケ」はとても大事ですが、本当に大事なことは、


「自分自身が変わろうとする『意思』を持つこと」


だと思います。



以前も記事にしたことがありましたが、私が好きな言葉のひとつに、


「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」


という言葉があります。



「自分と未来」



を変えるには自分の意思が必要です。


今回の企業研修に参加されていた社員の方々が大きく成長した理由として、やっぱり


「自分は変わるんだ!成長するんだ!」


と意識されたことが上げられると思います。


キッカケをどう生かすかも、自分の意思次第なんですね。


こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪

----------------
無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月8日現在発行部数1066部)








2006年03月17日

アドバイスか言い訳か?

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


今日は単なる雑談です。


実は最近よく思うことがあります。


いろいろな方とお仕事、その他でお付き合いをさせていただいていますが、


「えっ。そんな話し聞いていないけど…」


と思ったことがありました。


もちろん、こちらから確認をしなかったことや、質問しなかったこともありますので、さすがに一方的に


「何で事前に説明してくれなかったの?!」


とまでは思いませんが、それにしても事前に聞いていたら色々と対処方法もあったし、対応も異なったのに…と思うこともありました。


ただ、このような経験は、決して他人事ではなく、自分自身も気をつけないといけないことだと身が引き締まる思いでした。


よくお客さまに


「何か質問ありますか?」とか「ご不明点ありますか?」


など聞くことがあると思います。


でもそもそもお客さまは何がわからないのか?どこが不明なのか?がわかっていないことも多いはずです。


事前にきちんと説明すれば「アドバイス」ととられますが、事後に説明すると単なる「言い訳」。


同じことを伝えても相手が受け取る印象はこんなにも異なってくるわけです。


今回自分の体験を通じて、改めて自分のお客さまに対する接し方を見直す機会を得ました。


もちろん、私自身は常に「受身」というつもりはありませんので、自分が納得できないこと、わからないこと、不明点はわかるまでこちらからも積極的に確認していこう!!と思います。


こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪

----------------
無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月8日現在発行部数1066部)








syaroushi_coach at 17:50|この記事のURL社労士コーチ雑談 

2006年03月15日

聞き手ばかりだと話し手がいなくなる?

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


やっーーーと確定申告が終わりました!!!というか、こんなにギリギリで提出するはずではなかったのですが、予定が押して押してとうとう締め切り当日になってしまいました。。


今年からは月次決算もきちんとやっていきたい!と思います。


さて、実は先日、「聞く」ことを中心としたテーマのセミナー講師をした際に、ある方から質問をいただきました。


「『聞く』ということが大事なのはよくわかりました。でも世の中『聞く』人ばかりになったら、話す人がいなくなって困りませんか…??」

というものです。


確かに…聞き手ばかりになってしまうとそれでは困る!と思うかもしれません。


でも心配ありません。


本来はみんな「話し好き」なのです。


ですので、どんなに聞き手が多くなっても、本来は自分の話しはしたくてしたくでしょうがないのです。


かくいう私もそうです。


もともと人の話しを「聞く」ことは大好きですが、自分の話しをすることはもっと好きです。


逆に自分の話しを聞いてもらっていないと、人の話しは聞けません。


昨日も5人のクライアントさんとのセッションを行いましたが、最後に自分のコーチとのセッションがありました。
実は今回は自分の話しで沢山話したいことがあってうずうずしていました(笑)。


私もコーチに話しを聞いてもらってスッキリ!!!


この時間がなければきっとクライアントさんの話しも素直に聞くことができません。


自分の話しを聞いてもらった人は、他の人の話しも素直に聞けるのです。


でももし、世の中の人がみんな「聞き上手」になったら…それはすばらしいことですね!!

こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪

----------------
無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月8日現在発行部数1066部)







syaroushi_coach at 23:12|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)コーチング 

2006年03月13日

連続セミナーが終了しました!

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


先週3月9日(木)と、昨日3月12日(日)と、怒涛?のセミナー週間が無事に終了しました!2006.3.9
※3月9日(木)のセミナーの様子です。



ご参加いただいた方々やご協力いただいた方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


お忙しいところ本当にありがとうございました!!2006.3.12
※3月12日のセミナーの様子です。


それぞれテーマが異なったセミナー(在職老齢年金/ブログ・コミュニケーションを使った営業)でしたが、どちらもまた新しい発見があり、大変有意義な時間を過ごすことができました。



今回のセミナーで私はひとつのキーワードを得ました。自分の中ではとても大きなキーワードになりそうです。やっぱりいつも思いますが


「やってみて気づく」


ことが一番大きな財産ですね。


特に今回どちらも初主催ということで、今までとはちがった醍醐味もありました。共催をしていただいた社会保険労務士の内海正人さんにもこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございます!


そういえば…ちょうど1年前、独立起業前に自分の1年後のやっていたい仕事を紙に書き出しました。


その中に



「セミナー講師になる」



と書いてあります。


当時は全くセミナー講師の経験もなく、どうしたらできるのかもわかりませんでしたが、多くの方にご協力いただき、この1年間で7回のセミナー講師の経験をさせていただくことができました。


まだまだやることや改善点は沢山ありますが、一歩ずつ進んでいきたいと思います。


2006.3.12-2
※共催でお世話になった社会保険労務士の内海正人さんと宮崎からかけつけてくれた労働法ブログの福永鉄也さんと。




こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪

----------------
無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月8日現在発行部数1066部)






2006年03月08日

履歴をとっておく!

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


昨日は自民党のブログ・メルマガ読者の懇親会があったのですが、残念ながら諸事情で参加できませんでした…。残念です!!


さて、花粉症とともに4月の異動の季節がやってきますね(笑)


私たち社労士がかかわる役所も当然人事異動があるようで、一気に担当者が変更になることがあります。


通常ハローワークやら、社会保険事務所やらで単発の手続きを行う場合は、確かに慣れ不慣れはあるとしても特に業務に問題はなく進むことが多いのですが、労働基準監督署の担当者変更でえらい大変な目にあったことがありました。


というのも、長期的に調査が必要だった労災案件での出来事です。


第三者行為災害&精神疾患がらみの申請だったため、いろいろと調査が必要な案件で、申請してから少なくとも半年以上が経過していました。


以前担当していた担当者のかたは、いろいろと事情をご理解いただいて対応していただいてましたが、人事異動になって他所へ異動されてしまったのです。


そこで次の担当になった方とやりとりが始まったのですが、役所内できちんと引継ぎができていなかったようで、いろいろと対応に苦心しました。。


でも正直いって、引継ぎがうまくいかないだけなら問題なかったのですが、どうやらその案件が面倒だったらしく、なかなか先に進まないことを、あいだに入ってやりとりをしていた私(社会保険労務士)の責任にしようとしたのです。


これには正直びっくりしました。若かりしころの自分でしたら感情的になってケンカになっていたかもしれませんが、さすがにそれは問題ですので、冷静に対応しました。


ここでポイントとなったのは、会社とのやりとり、役所とのやりとりを日付順に記録をとっていたことです。


特に長期化する複雑な案件だったため、通常より意識していたところはありましたが、役所の前担当者といついつにどのような会話をしてこのような返答をもらった、などを記録していました。


これにより、こちらのヌレギヌ(?)をはらすことができました。(といっても何だか後味わるいのですが…)


前々から記録をとっておくことの重要性を感じていましたが、このときほど、


「たとえメモ書きでも、記録をとっておくことは大事だな〜。」


と痛感しました。


実際労使トラブルなどの案件でも、企業側と労働者側がやりとりした経緯を詳細に確認することがあります。


このとき、具体的な日付とやりとりした内容がたとえメモ書きでも残っていると、かなりスムーズに交渉が進みます。


確かに使用されるのはイザというとき(あまりあってほしくないときですが…)だけですが、このイザというときに備えておくことがどんなに重要なことかと、本当に改めて感じています。


もちろんフォローしておきますが、役所の担当者の方々も、とても親身になって丁寧に対応してくださる方も沢山います。。でも、残念ながらそうではない担当者の方々も沢山います…。


リスク管理ではないですが、日ごろのちょっとした管理が大事なんですね。。



【士業・コンサルタント・起業家むけブログ・メルマガ魔法の営業活用セミナー】
 
 ■平成18年3月12日(日) 13:30〜16:30 

 ■会場 東京:渋谷 T's Business Tower
 
 【お申し込み・詳細はこちらから…】
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://eroumu.com/seminar.html 


こちらを「ぽちっ」とクリックしていただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪


無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験9年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年月3月8日現在発行部数1066部)



2006年03月06日

体験談を作成する際のポイント

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪



いよいよ花粉症の季節ですね…。


私は今までは自分が花粉症だとは認めたくなかったのですが、さすがにクシャミやら、鼻水やら、目がかゆくなったりしたので、諦めて「花粉症」を認めるようになりました(笑)。


さて、前回記事にした「コーチングの成果の体験談」を作成する作業を今行っています。実はここ最近、コーチングのクライアントさん何人かから、


「吉川さんの体験談を話してほしい」


という依頼を受けるようになりました。


ちょうどこの「体験談」を作成するという課題に取り組んでいたところなので、不思議とタイミングがあったように感じます。


「体験談」を作成し、伝わるように語る…ということに、今まであまり意識したことがありませんでしたが、今回この課題に取り組んでみて、改めていろいろと意識するポイントがあるのだなあと感じました。


そのポイントとは


「事実を記述的にかく」


ということです。(コーチ21のテキスト参照)


説明や余分な修飾は削って事実のみを記述的に話すことで、自分の体験談が伝わりやすくなるというのです。


例えば…


「そのとき、私はコーチに『吉川さんだったら、きっとできるよ。』といわれて、とてもうれしかったです。」


ということを、


「そのときコーチは私に言いました。『吉川さんだったらきっとできるよ』と。


 私はテレながらも『ありがとうございます。』といいました。


 体がだんだんと暖かくなって、心が穏やかになりました。」



といった具合に変えてみます。


確かに、その場に自分がいたかのように伝わってくる体験談は、リアリティがあって説得力があります。また、よく使われる言葉を自動的に使うのではなく、あくまでも自分の言葉を使うことにポイントがあるようです。


ちょっとしたポイントを意識することで、イキイキとした体験談になるんだなーと、ビックリしています。


でも、何事もそうですが、何を言ったか、が問題なのではなく、どう伝わったか、が大事だと思います。
より多く自分の思いが伝わるような体験談作成をマスターしたいと思います!


【士業・コンサルタント・起業家むけブログ・メルマガ魔法の営業活用セミナー】
 
 ■平成18年3月12日(日) 13:30〜16:30 

 ■会場 東京:渋谷 T's Business Tower
 
 【お申し込み・詳細はこちらから…】
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://eroumu.com/seminar.html



こちらを「ぽちっ」とクリック
していただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪









syaroushi_coach at 23:55|この記事のURLComments(28)TrackBack(0)コーチング 

2006年03月01日

コーチングの成果

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪


確定申告に悪戦苦闘中です!!

私は昨年4月に独立起業しましたので、実は今回がはじめての確定申告になります。

明日税理士の先生が来社され、いろいろとご指導いただくことになっていますので、何とかがんばってある程度は仕上げます…!!!


さて、実は今、先日記事にもしましたコーチングの研修会で出された、


「コーチングを勉強しての成果の体験談を作成する」


という課題をやっています。


期間限定のパートナーと2人でそれぞれがコーチングを通しての成果を作り上げるのですが、私自身この作業を通して改めて自分の変化に気づいたことがありました。


私の中で、コーチングをやっての成果はいくつもありましたが、その中でも


「相手のことを素直に認めることができるようになった」


ということが一番大きな成果だと感じていました。


ところが、ここに焦点を当てていろいろと考えていくと「相手」を認める前に、まず「自分」を認めることができるようになった…。ということに気づきました。


そうです。以前は自分のことをあまり認めることができていなかったのです。


だけど、自分で自分のことを認めきれていない中で、心のどこかでは、


「そうはいっても、私は結構やっていると自分では思う。でも、どうして誰にも認めてもらえないんだろう…」

と思っていました。


そんなときにパーソナルコーチをお願いし、自分がやっていること、そして自分の存在を認めてもらえたことが、私自身が自分を認めることができるようになった大きなキッカッケになりました。


そして不思議なことに、自分を認めることができるようになったら、自然と相手のことも素直に認めることができるようになりました。


そしてそしてまたまた不思議なことに、相手を認めるようになったら、相手からも認められるようになったのです。


コーチングのスキルは100以上もありますが、その中に


「承認」


というスキルがあります。



私はこの「承認」というスキルが大好きです。



「承認」は「賞賛」とは違います。そこには「評価」が入っていません。相手の到達点をそのまま口にすることによって、相手が達成感を持つように導く行為です。


認められると自分の価値が自分の中で上がってモチベーションが上がります。


お互いがお互いを認め合えると、お互いヤル気になって、とってもいい人間関係が築けますね。


もう少しこの「コーチングで得た成果」を自分の中で深めて、心に伝わる体験談を作成したいと思います!!



【士業・コンサルタント・起業家むけブログ・メルマガ魔法の営業活用セミナー】
 
 ■平成18年3月12日(日) 13:30〜16:30 

 ■会場 東京:渋谷 T's Business Tower
 
 【お申し込み・詳細はこちらから…】
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://eroumu.com/seminar.html



こちらを「ぽちっ」とクリック
していただけるとうれしいです!人気ブログランキングへ10ポイント加算されます。応援ありがとうございました♪








syaroushi_coach at 23:32|この記事のURLTrackBack(0)コーチング