2006年07月

2006年07月12日

意外と間違えやすい?高額療養費の計算

先日顧問先の担当者の方からこのような質問をされました。


「吉川さん、高額療養費の計算なんだけど、ウチの社員から病院の領収書のコピーを預かったんだよ。

それで、どれくらいが高額療養費としてもどってくるか、おおよそでいいんで、計算してほしいんだけど…」


高額療養費の計算は、保険者によっては申請をしなくとも自動的に計算をしてくれて、定期的に支給してくれる場合もありますが、現在のところ政府管掌健康保険では、申請書に領収書のコピーを添付して提出しなければ、支給してもらえません!!!(来年の4月以降は政府管掌健康保険でも申請しなくとも自動計算されるようですが…)


したがって、上記のような質問を受けることもたまにあります。


…で、実際にこの「高額療養費」の計算を行う際の注意ポイントを一部挙げると…。


1.領収書を各月別にわける。

高額療養費は暦日(1日〜31日)ごとに計算します。したがって各月別にわけて計算を行う必要があります。


2.「入院分」と「通院分」をわける。


添付されている領収書のコピーは、「入院分」も「通院分」も両方あわせて添付されてくることが多いのですが、「入院分」と「通院分」はわけて計算をおこなう必要があります。


3.総合病院など、複数の診療科を受診している場合は、診療科ごとにわける。


4.高額療養費の対象となるのは、「保険診療分」であるため、各領収書の「保険診療分」の支払い金額をチェックする。


保険外診療(差額ベット代など)がどんなに高くて、領収書の合計金額が高額であっても、高額療養費の対象となるのは、

「保険診療」

に関する費用のみです。


ちなみに「食事療養費」も省いて計算をする必要がありますのでご注意を!!


5.該当被保険者の「標準報酬月額」を確認する。


「標準報酬月額」が56万円以上の方は、高額療養費の計算方法が異なります。


6.計算式にあてはめて、計算を行う。



…正直、細かい計算が必要なこのような作業は、間違いが許されないので、とても気を使います。


確かに受験勉強で計算式を勉強したはずなのに、実際に実務で領収書を片手に計算式にあてはめて高額療養費がいくらになるのか、、、なれないときはドキドキしながら行いました。


ですが、こういった計算もきちんと把握してこそ本当のプロなのだなあと、感じます。


また、意外と「保険外診療(差額ベット代など)」が高額な方が、高額療養費に該当すると思って申請してくるケースも多くありますので、該当の有無について事前にチェックをする必要があります。


申請してみたら、実は


「高額療養費に該当していなかった!!」


なんてオチでは笑えないですよね(苦笑)。



----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------

■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------







2006年07月04日

何事も自分の思い通りにいかないこともある

少し更新が滞ってしまいました…。ついに7月ですね!今年も後半戦です。


私事ですがこの6月25日に無事に男の子を出産しました!!!予定日よりちょうど1週間早く生まれたことになります。


いや〜今まで経験したことのないような、非現実的なありえない壮絶な1日でした(笑)


陣痛が始まる前日まで、まだ1週間あるから…と普通に外出してましたが、どうやらそこでたくさん歩きまわったのがよかったようです(笑)


何はともあれ、無事に出産を終えることができてほっとしています^^もともと丈夫なこともあり、体調も順調に回復しています。


今回の妊娠〜出産という一連のできごとは、自分の思うとおりにならないこともあるんだな〜ということを実感した経験でした。


私の場合は比較的順調は妊婦生活だったこともあり、妊娠中も無理をしない範囲でいろいろと動いていましたが、それでも妊娠前のようには心も体もいかず、一時期は思い悩んだこともありました。でも、今ではこのような経験ができてよかったと感じています。


今後育児をしながら、またいろいろと考えることや思うことが多々でてくるとは思いますが、今までなかった新しい視点での「子育てコーチング」にチャレンジし、自発的な行動ができるような子供になってもらえるとうれしいな〜などと思っています。


なお、妊娠中、いろいろな方に気遣っていただき、本当にうれしかったです。


当の本人はいたって普通で無理もしているつもりもなかったのですが、やはり周りからみるとヒヤヒヤハラハラ感じている方も多かったようです。。ご心配をおかけしました。いろいろお気遣いいただき、本当にありがとうございました。


仕事についてはお客さまとご相談の上、調整していただきながらも、原則通常どおり対応していく予定です。(もちろん外出などは少し控える予定ではありますが…)実際にこの秋以降、執筆やらセミナーやら具体的なお仕事も決まっていますので、徐々に準備を整えながらがんばっていきたいと思います!!


本来なら出産前にリニューアルオープンしたかったホームページですが、すでに70%の完成率ですので、何とかがんばって7月中にはリニューアルオープンしたいと思います!


…というわけで?新生吉川直子を、今後ともよろしくお願いいたします!

----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------

■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------