2006年08月

2006年08月30日

私の恩師の長沢有紀先生が社労士開業本を出版されます!

今日は私の恩師の美人社労士センセイこと長沢有紀先生がこのたび本を出版されましたので、そのご紹介です!

女性社労士 年収2000万円をめざす

タイトル:女性社労士年収2000万円を目指す


私のブログのコアな読者の方ならご存じだと思いますが、長沢先生は私の恩師です。


もう10年以上も前になりますが、私が社会保険労務士の資格を取るために通った某資格学校で講師をされていたのが長沢先生です。


当時欲張りな私は、実務経験と資格を一気に取ろう!と思って社会保険労務士事務所に勤務しながら学校に通っていたので、勉強は(できが悪くて)エライ大変でした。


長沢先生にも散々しぼられました(笑)


当初は平日の夜のクラスに通っていましたが、仕事が忙しくなって通えなくなり、それでもどうしても長沢先生の授業に出たかったので、わざわざ先生が土曜日に受け持っている学校まで授業を振り替えてまで長沢先生の授業を受けにいきました。


そのかいあって、無事に2年目に社会保険労務士試験に合格したわけです!!


私が最初に接した独立起業されていた社会保険労務士が長沢先生だったわけですが、今から思い返してみても、私はすごく長沢先生の影響を受けていると思います。


そんな中、どうしても忘れられない出来事があります。


今から5年ほど前のこと、私も試験に合格し、長沢先生も受験講師をやめられて、音信不通状態だったのですが、偶然同じ労働法のセミナーに参加し、長沢先生と再会したのです。


当時の私は、勤務していた事務所の所長と2人で事務所を立ち上げたばかりのころで、どうしたら勤務している事務所を大きくできるだろうか?とか、仕事と家庭の両立はうまくやっていけるのだろうか?とか、自分自身で独立して事務所を構えるということはあまり考えたことはありませんでした。


長沢先生はすでに独立起業されて仕事も軌道にのってバリバリと働かれており、しかもつい最近ご出産もされたばかり…とのことでしたので、今すぐには独立起業するつもりはないけれども、今後の参考のために…と、いろいろとお話しを聞かせていただいたのです。


そのとき、長沢先生からいろいろなお話しを聞いて、


「独立して自分でやっていくというのは、それくらい大変なことなんだ…」


と改めて自分の甘さを認識したものでした。


そして、そのとき長沢先生はこうおっしゃいました。


「だって、あきらめたくないですよね!」


---------------------------------------------


その後さらに5年ほどたって、私自身の意識も変わり独立起業することになりましたが、独立後も大先輩として公私ともにお世話になっています。


私が独立起業を決断したのも、出産をしても仕事を続けよう、続けられると思えたのも、目の前に女性社労士として大活躍中の長沢先生がいらっしゃったからです。


「あきらめたくない」という言葉を、長沢先生は今でもよく使われます。


長沢先生のその言葉を聞くたびに、私も


「そうだ、あきらめたらダメだ、とりあえずやってみよう!」


という気持ちになります。


私も少し早くこの本を読ませていただきましたが、長沢先生が成功したリソース、そして考え方がこの1冊の本にまとめられています。


これから社労士を開業される方、特に女性社労士の方には読んでいただきたい本だと、自信を持っておススメします!


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------









2006年08月29日

ホームページをリニューアルしました!

ずいぶん前からやる、やると宣言していましたが、やっとホームぺージをリニューアルオープンしました!!


よしかわ労務コンサルティングホームページhttp://yoshikawa-roumu.com/


今までの手作りホームページとはやっとおさらばです。。。


まだまだもっと内容を追加していきたいと思いますが、全部出来上がるのを待っていたら、年が明けてしまうのではないかと思いますので(汗)、とりあえずいったんオープンします。


また、あわせてプロフィールもリニューアルしようと考えています。


今のプロフィールは、1年ほど前に横須賀てるひささんのブログセミナーを受けたときにアドバイスいただいて作成したものです。


おかげさまで、多くの方から


「プロフィール思わず読んじゃったよ!」


といううれしいお言葉をいただきました。


今のプロフィールは、独立開業する前までの内容でしたので、独立起業後のプロフィールも作成していきたいと思います。


というわけで、今日はホームページの宣伝でした!


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------









2006年08月23日

うれしい手紙をいただきました!

先日家に帰ってみると、なつかしい方から1通の手紙が届いていました。


その方とは、ちょうど1年ほど前に私のコーチングのクライアントさんだった方です。


その方はとある事業の経営者の方で、3ヶ月間でしたが2人で一緒に



■売り上げ目標達成のために何ができるか?


■自分の実務の仕事を減らすためにどうすればいいか?


■どんな人を採用したら一番効率的か?




といったテーマでコーチングを行いました。


セッションを行うごとに次々とご自分の中にある答えをみつけて、どんどん行動され、どんどん成果をあげていかれました。



その方から約1年ぶりに手紙が届いたので、どうしたのかな…?と思い封を開けてみると…。


中には1通の手紙と記事のコピーが入っていました。


記事を確認すると、所属している組織で、定期的に行われている売り上げ目標達成の大会にて優勝した!!とのこと。


1年前のコーチングセッション時におっしゃっていた目標を、見事に成し遂げられたんです。


この手紙をみたとき、私はほんとにうれしくて仕方がありませんでした。


おそらく、この方は、もともと行動力もある方だったので、正直私(コーチ)がいなくても、いずれは目標を達成されたに違いありません。


それでも私(コーチ)とのコーチングの効果で、優勝という目標達成ができたのだとしたら、こんなにうれしいことはありません。


とにかく、優勝おめでとう!!!の言葉を贈りたいと思います♪


そして、この手紙のおかげで、改めて行動することのすばらしさ、を知ることができました。


私のことを忘れずに、わざわざこのような報告をしていただいたクライアントさんに感謝!!したいと思います。ありがとうございます!


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------







syaroushi_coach at 08:30|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)コーチング 

2006年08月21日

コーチの使い方(3)

さてさて、コーチの使い方(3)ですが、


「ロールプレイイングの相手役をお願いする」


というのがあります。


例えば、


取引先での大きなプレゼンを抱えているクライアントさんと、コーチが取引先の担当者になりきって、プレゼンのやりとりを行う


ということがあります。


そこで、コーチ自身が取引先の担当者だったら…という前提で、感じたことや、意見などをフィードバックします。


もちろん、コーチは本来の取引先の担当者ではないので、コーチの反応と取引先の担当者の反応はまったく異なることもあるかと思います。


それでも、やはりロールプレイイングをすることで、クライアントさん本人が新しく気づくこと、また、やってみて改めて思ったこと、そして何より他人(コーチ)の意見をきくことができる…という点はとてもメリットがあります。


そのほかよくあるロールプレイイングは、


コーチが自分のクライアントさんになりきって、コーチのコーチにコーチングを受ける


ということがあります。(↑なんだかややこしいですね(笑))


つまり、コーチがクライアントさんと自分のコーチングセッションを振り返ったり、次のセッションにむけての戦略を練るために、自分がクライアントさんになりきってクライアントさんの視点でコーチングを受けるんです。


これもまた思った以上にいろいろな気づきがあって、とっても機能します。


ここまで記事を書いてきて思いましたが、やはり自分の偏った意見や考えだけではなく、他の人の考えや意見を聞くことで


「新しい視点」


を得ることができる…という点が意味があることなのですね。


そしてこれはコーチングに限らずいえることかもしれませんね。



----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------







syaroushi_coach at 10:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2006年08月19日

コーチの使い方(2)

さて、「コーチ」の使い方(2)ですが、「コーチに意見を聞く」という方法があります。


当たり前のようですが、この使い方はかなり機能すると思います。


たとえば、あるクライアントさんが、仕事に使うための資料を作成され、この作成した資料について私(コーチ)に意見を求めることがあります。


私は通常のコーチングのセッションを通じて、クライアントさんがどんなことを目指しているのか?どんな強みがあるのか?などを話しを聞いて知っていますので、そういったそのクライアントさんの背景も踏まえての意見、感想などをざっくばらんにお伝えしています。


なので、いいところはもちろん


「すばらしいですね!!」


と手放しにほめますが、気になったところは正直に


「ここのところがわかりづらいように思うんですが…」


「一番いいたいことが何なのかなのが伝わってこないのですが…」


など率直に意見を言わせていただきます。


もちろん、それは私の意見ですので、この意見を取り入れるか否か?はクライアントさんの自由なのですよね^^


必要があれば取り入れてもらう、、、といったスタンスです。


私自身もそうですが、自分が作った資料や文章など、違った視点で見てもらえると、今まで自分が思ってもみなかったような指摘を受けることがあり、大変参考になります。


また、周囲に意外と率直な意見(いい意見も悪い意見も)言ってくれる人っていそうでいないんですよね。


そういった意味でもコーチの意見を聞くということは、とても意味あることなのだなあ〜と思います。



----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------





syaroushi_coach at 16:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2006年08月05日

コーチの使い方(1)

いよいよ8月ですね!!!


現在執筆のお仕事が2つほど入っており、どうやら今月はこの原稿を仕上げる月となりそうです。。。


さて、今回は「コーチ」の使い方について、です。


「コーチング」とは、コーチがクライアントの目標達成を、コミュニケーションを通じてサポートするものです。


具体的に毎回のコーチングセッションでは、たとえば前回のセッションから今回のセッションまでに行動したことや、新たに気づいたことなどをシェアしたり、次のセッションまでにやるべき行動を決定し、コーチに宣言したり…といったことが中心となっています。


この他にも「コーチ」とのセッションを有効に使う方法がいくつかあります。


もちろんクライアントの状況により異なりますが、今回は私自身も行っている「コーチ」の使い方について、いくつか取り上げてみたいと思います。


「コーチ」ってこんな使い方もあるのか〜と思っていただければ、うれしいです^^


以前も記事にしましたが、今年の10月から某専門誌で連載をすることになりましたので、今週中に具体的に原稿のテーマを決める必要がありました。


なんとなくのイメージはあるのですが、文字に落とすとなると、アイデアやイメージをより明確にしなければなりません。


頭の中ではなんとなくのイメージがありましたが、もやもやしている状態でした。


そんなとき、私はこの


「企画のアイデアを明確にし、企画書を作成したい」


というテーマで自分のコーチとのコーチングを受けました。


最初は本当に漠然としたイメージだったのですが、話していくうちに、書きたい内容や文章構成、何を伝えたいか、など
次から次へと形ができてきました。


30分後には企画の大まかな全体像が出来上がり、無事に企画書が完成!!


こんなふうに、漠然と自分の頭の中にあるアイデアを明確にする場としてもコーチングは有効です。


この他にもいくつかコーチの使い方があるので、随時記事にしていきますね。


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------






syaroushi_coach at 12:48|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)コーチング