2006年11月

2006年11月28日

コーチの資格(2)〜生涯学習開発財団 認定コーチ〜

昨日は所沢で開催された士業の諸先輩方との早めの忘年会に参加しました。いつもパワフルな皆さんに囲まれ、たくさんのパワーをいただきました^^


ちなみに明日は某所でセミナー講師のお仕事をします。今日は1日この準備を行う予定です。


さて少し時間が空いてしまいましたが、コーチの資格について、です。


今日は私も取得している「生涯学習開発財団認定コーチ」の資格についてお話ししますね。


この「生涯学習開発財団認定コーチ」は、財団法人生涯学習開発財団が認定している民間の資格です。


この認定コーチにはレベルに応じて3種類の資格があります。


1.認定コーチ

2.認定プロフェッショナルコーチ

3.認定マスターコーチ



この試験を受けるには、いくつかの要件があります。その中でも、やはりコーチングの実績というものが重んじられていますので、クライアントをもって、一定期間のコーチングセッションを行わないと、この認定試験を受けることができません。


認定コーチのレベルに応じて、このクライアントの人数やセッション時間が決められています。


また、自分がコーチするだけではなく、自分に「コーチ」をつけてコーチングを受けていることも要件に含まれています。


試験内容は、筆記式試験と実技があります(認定コーチは筆記試験のみ)。





―――――――――――――――――――――――


■ 認定コーチの受験資格

1. CTPオンラインクラスの課程1〜8を修了している こと

2. 3ヶ月以上コーチしたクライアントが5人以上いること(下記「※クライアントについて」参照)

3. 3ヶ月以上(4.5時間以上)コーチングを受けた経験があること

・ この際のコーチとは、

 財団法人 生涯学習開発財団認定コーチ、または国際コーチ連盟認定プロフェショナルコーチ以上の有資格者を指します。

・ 3ヶ月以上とは、試験申込申請時にすでに3ヶ月(4.5時間)以上のコーチングセッションを完了していことを指します。


■ 認定プロフェッショナル・コーチ の受験資格

1. 認定コーチを取得していること

2. CTPオンラインクラスの課程1〜21を修了していること

3. 3ヶ月以上(4.5時間以上)コーチングを受けていること

・ この際のコーチとは、


 財団法人 生涯学習開発財団認定コーチ、


 または国際コーチ連盟認定プロフェショナルコーチ以上の有資格者を指します。


・ 3ヶ月以上とは、試験申込申請時にすでに3ヶ月(4.5時間)以上のコーチングセッションを完了していことを指します。


4. 3ヶ月以上コーチしたクライアントが20人以上いる(下記「※クライアントについて」参照)


■ 認定マスター・コーチ の受験資格


1. 認定プロフェッショナル・コーチを取得していること


2. CTP(コーチ・トレーニング・プログラム)36全課程を修了していること


3. 認定プロフェッショナル・コーチ又は認定マスター・コーチによるコーチングを3ヶ月間以上受けている こと


4. 3ヶ月以上コーチしたクライアントが50人以上いること。(下記「※クライアントについて」参照) 延べ500時間以上の コーチング経験がある


5. CTP(コーチ・トレーニング・プログラム)のオンラインクラスコーチを50時間以上経験している


コーチ21のホームページより抜粋

―――――――――――――――――――――――


私の次の目標はこの「生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ」です。


すでに延べクライアント数はとっくに20名を超えていますが、資格要件にあったクライアント数までは、あと数名の実績が必要です。もうちょっとですのでがんばります!^^


来年はこの資格を取得している予定です。(いえ、予定ではなく、取得しています!)


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


2006年8月より よしかわ労務コンサルティング のホームページをリニューアルオープンしました!


こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------








syaroushi_coach at 12:21|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)コーチング 

2006年11月23日

就職情報誌 クリエイトに掲載されました

CMでもおなじみの、「ポジティブ就職・転職マガジン クリエイト仕事発見」の巻頭特集



「起こってからでは遅すぎる!実例 入社直後のトラブルとその予防法、対処法」



の回答者としてインタビューを受けました。


クリエイト










11月21日に発売されています。よかったら、立ち読み(!?)でもかまいませんので、見てくださいね^^


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


2006年8月より よしかわ労務コンサルティング のホームページをリニューアルオープンしました!


こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年11月17日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------







2006年11月22日

社労士受験生に必要なものとは?

実は最近、立て続けに、社労士受験時代を思い返すようなお仕事の依頼がありました。


■月刊経理ウーマン 2007年1月号 社労士合格体験記掲載予定

月刊経理ウーマン












■社会保険労務士 和多田保先生との対談 社労士受験会員様向けマンスリーボイスゼミナール

社労士最短合格の時間術・勉強術―働きながら1年で!



私が試験合格に大事だと思うのは、やはり


「試験に合格して、自分はどうなりたいのか?」


という試験合格後のイメージを明確にする、というポイントだと思います。


ここがはっきりしていないと、勉強を継続するためのモチベーションの維持も難しいですし、何より「資格取得」自体が目的になってしまいます。


私は資格取得はあくまでも通過点だと思うのです。


来年度の試験合格を目指されている方には、このポイントをぜひ考えてみてほしいと思います。


そんな試験合格後の自分を考えるのに、とてもいいタイミングで、社労士受験コンサルタントの大沢治子さんのセミナーが来週開催されます!


講師は開業してすでに独自の地位を築いていらっしゃる、社会保険労務士 松崎直己先生社会保険労務士 内海正人先生です。


お二人とも社労士業界だけにとどまらず、マーケティングや営業といった幅広い知識や情報をお持ちですので、必ず勉強になるセミナーだとオススメします。


繰り返しいいますが、試験合格には「資格をとってどうなりたいのか?」という点がとても重要なポイントです。


このポイントを考えるためにも、このセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?!


【開業・起業を目指す社労士受験生のためのモチベーションUPセミナー】


 お申込み・詳細は今すぐこちらから

http://www.shararun.com/seminer/seminar02.html

 
 開催日:平成18年12月3日(日)

 場所 :東京・渋谷・東宝ビル ホール203

 時間 :13時半〜16時半(13時20分受付開始)

 受講料:10500円(税込み)

 定員 :25名



◆セミナーの目的

社労士試験に合格するためのツボを抑えれば、5万人の受験生中上位8%に入り合格することは、それほど難しいことではないことを知る。


さらに合格後、自分の開業・企業することをはっきりイメージすることにより社労士試験に合格することは、ひとつの通過点に過ぎないことを知る。


目標をしっかり設定することにより本試験までのモチベーションを維持してもらい、一人でも多くの合格者を輩出することがこのセミナーの目的です。


◆セミナーの対象となる方


・何故大沢が半年・独学・一発で社労士受験に合格できたか知りたい方

・受験勉強のモチベーションがなかなか上がらない方

・早く「受験生」から脱却したい方

・合格者の生の体験談が聞きたい方

・顧客を多く持っている現役の社労士の話を聞いたことのない方

・1・2号業務以外の社労士の仕事を知りたい方

・合格後には開業・起業することを視野に入れている方

・合格後に開業して少しでも早く成功者社労士の仲間入りをしたい方

・何故内海社労士と松崎社労士が社労士として成功しているか秘訣を知りたい方

・開業している人たちと早くから人脈形成をしておきたいとお考えの方


◆セミナーの内容


☆社労士受験コンサルタント 大沢治子の講義☆

 
☆社会保険労務士・人事コンサルタント 内海正人氏の講義☆

 
☆社会保険労務士・労働法務コンサルタント 松崎直己氏の講義☆
 

☆この他2名の合格体験談があります。


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


2006年8月より よしかわ労務コンサルティング のホームページをリニューアルオープンしました!


こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年11月17日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------










2006年11月14日

コーチの資格(1)〜国際コーチ連盟の認定コーチ〜

最近めっきり寒くなってきましたね^^


秋を通り越して冬がやってくるんだな〜と改めて感じる今日この頃です。


さて、今日のテーマは「コーチの資格」についてです。


先日の記事で少しお話ししましたが、コーチは国家資格ではありませんので、資格がなくとも、今すぐコーチを名乗ることができます。(実務的にはムズカシイですが)


そうは言っても、国家資格ではありませんが、いくつかコーチにも資格があります。


その中でも、今回は国際的なコーチの基準を認定している「国際コーチ連盟」の認定制度についてお話ししますね。



【国際コーチ連盟(アメリカ)の認定制度】


国際コーチ連盟(アメリカ)では、一定の要件を満たしたコーチを認定する制度を設けています。


この認定資格は、アメリカをはじめ、世界各国でもプロのコーチとしての専門的な教育を受けたことの証明となっていて、コーチの世界基準になっています。


世界共通の資格ですが、申請条件がなかなか厳しい!!


とにかくコーチとしての経験と実績がないと、この認定資格へ申請することはできません。


この申請条件を満たして、筆記および実践の試験に合格すると、


「国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ」


「国際コーチ連盟認定マスターコーチ」




の認定資格が与えられます。



■ プロフェッショナル認定コーチの申請条件


1. ICFの定める「コーチング」の定義、コア・コンピタンシー、倫理規定に関する同意書に同意する

2. コーチ・トレーニングを125時間受講している

3. 750時間のコーチング・セッションに関する書類を提出する(うち無料セッションは75時間以内に限る)

4. 2人のICF認定コーチ(PCCまたはMCC)による、コーチングスキル・経験などに関する証明書を提出する

5. ICFの認定コーチ・トレーニング・プログラムのプログラム修了証を提出する



■ マスター認定コーチの申請条件

1. ICFの定める「コーチング」の定義、コア・コンピタンシー、倫理規定に関する同意書に同意する

2. コーチ・トレーニングを200時間受講していること

3. 2500時間のコーチング・セッションに関する書類を提出する(うち無料セッションは250時間以内に限る)

4. 3人のICF認定コーチ(PCCまたはMCC)による、コーチングスキル・経験などに関する証明書を提出する

5. ICFの認定コーチ・トレーニング・プログラムのプログラム修了証を提出する




なお、国際コーチ連盟では、以上の条件を満たしている人に対し、筆記と実技の試験を行いますが、私も受講しているコーチ21が実践しているコーチ・トレーニング・プログラム(CTP)は認定コーチ・トレーニング・プログラム(Accredited Coach Training Program)として認定されているため、CTP修了者は、国際コーチ連盟による筆記と実技試験が免除されています。

(以上、コーチ21のHPから抜粋


私ももちろん申請条件を満たしたら、すぐにでもこの国際コーチ連盟の資格を申請すべく、今から準備をしています ! !



次回は、私も取得している「生涯学習開発財団」が認定しているコーチの資格について記事にしますね。


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


2006年8月より よしかわ労務コンサルティング のホームページをリニューアルオープンしました!


こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年6月27日現在発行部数1116部)

----------------


■労災、労務監査の概要がわかる【期間限定】無料レポートプレゼント中!

 すでに500名以上の方がお申し込みされています!お申し込みはお名前とメールアドレスだけ!
 
 ★詳しい内容とご登録はこちらから!

----------------








syaroushi_coach at 14:57|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)コーチング