2007年01月

2007年01月31日

法改正目白押し!!

今、2月末出版予定の書籍の校正作業に追われています(^^;)


出来上がってみたら、思っていた以上に実務書?になりました。人を雇うときに経営者が注意しておきたい法的ルールと人的ルールの必要最低限のポイントをまとめた本になっています。


本完成まであと一息です!がんばります。


さて、先般今年の4月からの法改正の内容について、チェックしていたら…。


今年も意外と沢山ありますね(汗)


健康保険の出産手当金・傷病手当金の給付率が引き上げられたり…。


標準報酬月額の上限下限額が変更になったり…。


離婚時の厚生年金の分割制度も始まり…。


雇用機会均等法もこの法改正により、男性従業員も対象になったり…。


労災保険では石綿(アスベスト)による健康被害救済のための一般拠出金の徴収が始まりますし…。etc etc



また、この他にも今新聞やメディア等で話題になっている労働契約法の制定や、労働基準法の改正、パートタイム労働法の改正の動向も気になります。


特に話題の日本版ホワイトカラー・エグゼンプションは、選挙とのからみで先送りされそうですが、残業代の割り増し法案は単独で進められています。(←でも中小企業には配慮する措置も考えられているようです。)


私たち社会保険労務士は専門家ですので、このような法改正をきちんと押さえておかなければなりませんが、あまりに法改正が多いので、企業の人事や総務担当の方は、いろいろとご苦労されているのではないでしょうか。。などと、自分で法改正情報をチェックしながら感じてしまいました。


毎回クライアント様向けに法改正情報をお送りしていますが、今年はできるだけ早めにまとめてお送りできるようにしたいと思います。


また、法改正その他の情報については、随時このブログでも取り上げていきますね。


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年12月27日現在発行部数1119部)

----------------











2007年01月25日

年金手帳も雇用保険証も添付がいらない?

昨年たった1度だけ開催され【満員御礼】となった士業とコンサルタントのための【伝説のセミナー】のDVD版が発売されることになりました!!!


-----------------------------------------------------------

人生を劇的に変化させたい士業のための

セミナー講師&主催者 戦略セミナー【特別編】士業専門講座DVD

http://www.next-s.net/kigyou/kigyou10.html
-----------------------------------------------------------


この居並ぶ講師陣に混じって、私吉川もゲスト講師としてお話しをさせていただいたセミナーです。


なんと今回先行予約ということで、平成19年2月10日までに申し込むと、



定価28,000円⇒18,000円


とのこと!!!


このセミナーは高額セミナーでしたので、このお値段はかなりオトクだと思いますよ!


※私の当時のセミナーの感想はこちらで記事にしています♪⇒http://syaroushicoach.livedoor.biz/archives/50436455.html



さて、社員の入社の際の社会保険、雇用保険手続きには、原則



「年金手帳」と「雇用保険被保険者証」



の添付が必要・・・ということは常識でした。



しかし、この添付書類も昨年不要となりましたね。年金手帳は平成18年10月1日から、



「会社が申請書類に基礎年金番号や氏名などが正しく記入されているかどうかを照合・確認すること」



で、添付が原則不要となりました。



これは社会保険庁のホームページにも変更の内容が記載されています。

http://www.sia.go.jp/topics/2006/n0926.html



一方雇用保険被保険者証の添付のお話しですが、これも平成18年4月1日の通達により不要になりました。


しかし・・・こちらの場合は、原則「不要」と言い切るところまでは変わっていないようで、


「原則は、雇用保険被保険者証の添付が必要だが、添付がなくてもOK」


といった扱いのようです。


実はこの辺りの細かい取り扱いを確認するために、都内のハローワークに確認したのですが・・・3箇所確認して3箇所とも答えが違いました(汗)。


職員の方によっては、この通達の存在自体をご存知ないかたもいらしたりして・・・(^^;)


確かに、実務的には以前から添付がなくても手続きは可能でした。


雇用保険被保険者番号がわかっている場合や、前職を確認して番号がわかる場合は添付しなくても大丈夫でした。


でも、それはあくまでも実務的なお話しですので、今回の通達によって、「原則」はどうなったのか?ということを確認したくて問い合わせしたのですが、きちんとした回答を得るまで時間がかかりました(苦笑)


電子申請とのからみもありますが、添付書類が少なくなる、ということは、手間が少なくなるということですので、うれしいことですよね^^

----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年12月27日現在発行部数1119部)

----------------








2007年01月12日

100%加害者になってみる!

1月27日に開催の資格業むけセミナーのご案内です! 


 「○○○意識があれば、資格で稼ぐなんてカンタンだ」←「○○○意識」ってなんでしょう???セミナーの講師陣もすごいですが、参加する方々もスゴイようですよ。


興味がある方はこちらからどうぞ♪http://www.bcpr.jp/shikaku.html


さて、世の中自分の思い通りにいけば、ハッピーになること間違いナイのですが、現実はなかなかそうもいきませんね(笑)


特にビジネスの世界では、お客さまとの関係、社内の人間関係、パートナー取引先との人間関係など、相手の都合にあわせなければならないことや、自分にとってイヤなこと、頭が痛いこと、なども起こることがあると思います。


そんなとき


「自分は絶対に悪くない!悪いのはあの人だ。」

「私は何にもしていないのに、どうしてこんなひどい目にあうんだろう?」

「こんなに一生懸命やっているのに、誰も私のことをわかってくれない。」



などなど、自分がまるで被害者なような気分になることがありませんか?


実は私は意識していないと、結構すぐにこの「被害者」になってしまいます(笑)


被害者になっている本人は、ある意味被害者になることで、ラクなんですよね。「自分のせいじゃない」と逃げることができ、周りの人に同情してもらえるかもしれない。


でも、被害者のままでいると、そこから一歩も前に進めないんです。


ちょっと気を緩めると、私も


「こんなことになるなんて、私ってばなんてかわいそうなの?!」


と思うことがありますが(笑)、そんなときはあえて冷静になってみて、


「もしも、今回の件が起きたことについて、自分が100%加害者だったとしたらどんな理由がある?」


と考え方を切り替えてみます。


自分が


「100%被害者だ!」


と思って憤慨しているのに、その180度間逆の


「100%加害者だったとしたら…」


なんてことを考えることは、正直ある程度慣れるまでは抵抗がありました。


でも、試しに考えてみると、本当に不思議なのですが、絶対にない!と思っていても必ず1つや2つ


「100%加害者だったとしたら」


の理由が見つかるのです。


この考え方も、他の記事でも何度も取り上げていますが、「他責でなく自責で考える」ための頭の切り替え方法だと思います。


自責で考えられると、「では、自分はどうしたらいいのかな?」と自分が行動を変えることができます。


「過去と他人は変えられない」「自分と未来は変えられる」


まさしく自分が「100%加害者」になることで、「自分と未来を変える」ことができることになるのだと思います!!


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年12月27日現在発行部数1119部)

----------------






syaroushi_coach at 12:30|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)コーチング 

2007年01月05日

仕事と家庭のバランスについて感じること

あっという間に年が明けてから5日が経ちましたね。今日から仕事はじめの会社が多いのではないでしょうか?


といっても明日から再び世間では3連休ですので、本格的な始動は来週の連休明けのところが多いのかもしれませんね。


私は…というと、実は2月に出版予定の本の校正作業の締め切りが迫っていますので、駆け込みで今対応しています。。本を作るって本当に大変な作業なんですね。



さてさて、まだお正月が明けて間もないので、今日も雑談で失礼します(笑)。



私は仕事は大好き!ですが、独立を決めたときにひとつだけ心に誓ったことがあります。それは、



決して仕事で家庭を犠牲にしない



ということです。



この決意にはコーチングを学んだことがとても大きく影響しています。



それまでの私は、



仕事のためには家庭を犠牲にしてでも、仕事をしなくてはいけないんだ



という一種の「思い込み」をしていました。



ところが、実は家庭や体調やその他自分に関わるすべての出来事は、仕事にも影響を及ぼすということを知り、この思い込みが根拠のないただの私の個人的な思い込みであることに気づきました。



もちろん仕事の都合で結果的に家庭の都合を融通しなければならないことも、現実としてはたくさんあると思います。



ただ、以前の私はそのことを



「『〜しなければならない』義務」



として考えていました。そうしなければ世間一般ビジネスの世界では許されないことなのだ、と思っていたのです。



ところが、よく考えてみると、ビジネスの世界で許されないこととは、



お客さまやパートナーの方々に迷惑をかけてしまうこと



です。



つまり、「家庭を犠牲にして仕事をしなければならない」ということは、必ずしも絶対にしなければいけないことではないのです。



確かに「迷惑をかけない」ために「家庭を犠牲に」することもあるかもしれませんが、あくまでも手段の一つなのです。他に方法があれば、他の方法だっていいのです。


例えば、仕事が忙しいのであれば、アルバイトさんや社員を雇ったり、外注することだって可能なはずです。また、家事が自分でできないのなら、これもまたアウトソーシングする、という方法だって、あるのです。



そうです。一番大事な



「お客様やパートナーの方々に迷惑をかけない」



ということができれば。



捉え方を変えることができたときに、とても心がラクになりました。そして、もうひとつ。実は今まで自分でこの言葉を使いながら、



「犠牲にする」



という言い方は、どこか自分に責任を引き寄せていない感じがしていて、一種の違和感を感じていました。



そもそも「犠牲」にするかしないかも、あくまでも「自分」が選択して決めることです。



仕事を優先して結果家庭に負担がいったとしても、自分が選択したことなのですから、その責任は自分にあるのです。誰のせいでもないのです。



ある意味自分に厳しく責任を追及する、という感じがありますが、私はこの考え方ができるようになってから、誰のものでもない、自分自身の人生を自分で生きていくんだ、という自信が生まれました。




もちろん、現実的にはまだまだうまくいかないことも多々あります。



ですが、仕事や家庭のバランスが崩れているときや崩れそうになっている時には、



「バランスが崩れている、さあどうする?」


「今起きていることはどんな意味がある?」


という自問自答(セルフコーチング)をするようにしています。


答えを出すのがなかなか難しいこともありますが、ちょっと立ち止まってセルフコーチングすると、起きている出来事を少し客観的に捉えることができるようになりました。(←このようにセルフコーチングすることは、仕事で何か嫌なことやトラブルが起きている時にもとても有効です!オススメします^^)



さて、今年はますます、仕事と家庭のバランスに立ち止まることが増えると思いますが、その都度セルフコーチングし、自分に責任を引き寄せて乗り切っていきたいと思います!

----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年12月27日現在発行部数1119部)

----------------






2007年01月01日

2007年!

あけましておめでとうございます^^


ついに!2007年になりましたね。


2006年は私にとっては「出産」という一大イベントがありました。


おかげさまで息子は無事に6ヵ月を過ぎ、スクスク元気に育っています。


育児をしながら息子と接していると、今まで経験したことのないような、心が満たされる感覚に不思議な感動を覚えています。そのたびに


「人間って、すばらしいなあ…。」


と思ったりしています。。(←大げさですかね?)


息子と初めて新しい年を迎えることができて、改めて生まれてきてくれたことに感謝!しました。


ところで、2007年についてですが、私は毎年お正月には


この1年はどんな年にしたいかな?


ということをざっくりと考えていました。しかし何を隠そう今年はすでに


2007年をどんな年にするか?


といったイメージが具体的にできています!!


実は出産前の2006年5月に


「2016年5月のビジョン」と「2007年5月のビジョン」


を作成しました。


また、2006年12月には改めて


「2007年12月のビジョン」


も作成しました。


正直いって、作成したビジョンには、何の根拠もありません(苦笑)。



でも、根拠がないにも関わらず、自分でもビックリするほど、作成したビジョンのイメージが私の頭の中に、明確にできるようになりました。



2007年は、この作成したビジョンに向けて、私の中では新しいスタートを切る年となりそうです。



このブログも無事に3年目に突入です!



引き続き社労士ネタやコーチングネタ、時には全くの雑談など交えながら、情報発信していきたいと思います。


皆さん、本年もどうぞよろしくお願いいたします!


----------------


■よしかわ労務コンサルティングのホームページをリニューアルしました!■


よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。


http://yoshikawa-roumu.com/


----------------

■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成18年12月27日現在発行部数1119部)

----------------