2007年09月

2007年09月28日

何があったら決断できますか?


このたび2冊目の本を出版しました〜!


「社会保険・労働保険」 はじめての届出&かんたん手続き (図解はじめて)


「どんなとき」に「どの手続き」をすればいいのかが、ひとめでわかる作りになっています!!よかったらぜひ、使ってみてくださいね♪




経営者の皆さんがビジネスを行っていく上で、大事なことのひとつに



「決断する」



ということがあると思います。



でも、「決断する」ことは、実は結構エネルギーがいることだったりしますよね。



正直言ってこの「決断する」ことができれば、いろいろなことがスムーズに進むのかもしれないな〜と自分自身を振り返ってみても思うところがあります(^^;



例えば




・人を雇う


・会社を移転する


・資金を調達する


・新しいサービスを開発する


・今までのサービスを止める




などなど、「決断する」ことは、会社の経営にも大きく影響を与えることになります。



ですので、決断するまでに悩んだり、迷ったり…ということも当然あるわけで、なかなか決断することができなかったり、決断を先伸ばしにすることもあるかと思います。



そのようなときは、ぜひ自分自身に



「何があったら決断できるかな?」




と質問してみてください(^^)




決断したいけど、決断できない…それは何かが足りないからかもしれません。




だったら、何があったら、決断できるのでしょうか?




例えばそれは、自分に対する「自信」かもしれません。



「経験」かもしれません。



それとも、「時間」かもしれません。




今、自分に何が足りないから、決断できていないのか、がわかると、決断するために必要なことがおのずと見えてきます(^^)



決断できずに悩んでいるときには、それなりの理由があるのです。だから、その理由を明確にしてみましょう!!



きっと、決断のための第一歩がふみだせると思います (^_^)


--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)









syaroushi_coach at 11:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2007年09月20日

「なるほど〜」は魔法のあいづち?!

このたび2冊目の本を出版しました〜!


「社会保険・労働保険」 はじめての届出&かんたん手続き (図解はじめて)


「どんなとき」に「どの手続き」をすればいいのかが、ひとめでわかる作りになっています!!よかったらぜひ、使ってみてくださいね♪




さて今日は「あいづち」のお話し。



相手の話を聞く上で、「あいづち」はとっても有効です★



聞いている人が、タイミングよく「あいづち」をしてくれると、話しているほうはドンドン気持ちよくなって話してしまいます!



「あいづち」にはいろいろな種類があります。


「はい」

「ええ」

「そうですか」

「そうですね」


などが、一般的によく使われる「あいづち」で、私も相手の話を聞くときにはよく使っていいますが、中でも



「なるほど」



という「あいづち」は、とても効果的だと感じます(^_^)



ですので、私も話を聞くときは、必ずといっていいほど



「なるほど〜!」



とついつい言ってしまいます^^



この「あいづち」で思い出すのは、あるクライアントさんとの会話です。



もう、●年以上も前のことですが、そのクライアントさんは、ある意味?手ごわいクライアントさんでした。



社会保険労働保険の知識もきちんとあり、労働基準法など法律にも詳しく、正直社会保険労務士に頼まなくても自社で対応しても、全然問題ないんじゃない?!というクライアントさんだったのです。



ですから、当然くる質問も結構高度な質問で…(苦笑)



イロイロな知識や情報をフル回転して対応したときに、そのクライアントさんは私の話に口を挟むことなく



「なるほど」



と、絶妙なタイミングで言って、私の説明を聞いて下さいました。そのとき、とても安心してスムーズに話ができたことを覚えています。




そうです、「なるほど」はあいづちなのですが、同時に相手の話を「促す」という効果もあるのですね!!



「あなたの話はよくわかります。ごもっともなお話ですね。」



「もっとお話を聞かせてください!」




ということが、この「なるほど」の一言に組み込まれているように感じます。




ぜひ、だまされたと思って?今度どなたかのお話を聞くときには、この



「なるほど」



の「あいづち」を使ってみませんか?



きっと話が弾むこと間違いないと思いますので、おススメです(^^)v



--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)









syaroushi_coach at 12:58|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)コーチング 

2007年09月14日

社会保険労働保険はじめての届出&かんたん手続き

ついに私の2冊目の本が発売になりました〜〜〜!!!



■ 社会保険労働保険はじめての届出&かんたん手続き(技術評論社)






※もくじなどの詳細情報はこちらからご覧ください★


タイトルのとおり、社会保険労働保険の実務の手続き本です。



とにかくはじめての人が手続きをするのにわかりやすいように!というコンセプトで書きました。



社会保険労働保険はそれぞれ保障内容が異なり、提出先も手続きも異なります。ですが、実務的には社会保険か労働保険かという保険の種類を問わずに


「入社したとき」


「出産したとき」


「退社したとき」



という事象ごとに手続きを行います。



したがって、この本では、この「○○したとき」という事象ごとにどのような手続きをするのか説明し、従業員が入社してから退社までに遭遇する社会保険労働保険事務手続きについて、時系列順に始めから読み進めていくことで手続きがスムーズに行えるような流れで作成しています^^



ぶっちゃけた?お話しですが、私が約10年前に社会保険労働保険の手続きの仕事をはじめたときに、この



「どんなとき」に「どの手続きをするのか」



ということをきちんと把握するまでに、時間がかかりました(汗



例を上げてみると、例えば「出産・育児」のときの手続きは、社会保険と雇用保険とで、結構な量の事務手続きが発生し、どのタイミングでどの手続きをやればいいのか、きちんと把握することが、とても大変だった・・・という記憶があります。


したがいまして、例えばこの「出産・育児」の手続きについては、


1.出産したとき

2.育児休業を開始したとき

3.育児休業中

4.育児休業が終了したとき



の4つのタイミングにわけて、各保険でどのような手続きをする必要があるのか、ということを説明する構成にしました。



また、リアルな各申請書類も掲載し、私自身も書類作成・提出時にチェックしているポイントを、書式に直接指摘しましたので、このあたりも参考にしてもらえるとうれしく思います(^^)



この本が、社会保険労働保険事務手続きに携わる方に幅広く利用してもらえたら、とてもうれしいです!!



皆さん、よろしくお願いしま〜す。


--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)







2007年09月11日

労使トラブルの根底にあるもの


先日、ホームページ経由でお問い合わせいただいたお客さまと打ち合わせを行いました。ホームページも最近定期的に反応がでてきており、とてもうれしく思います(^^)現在労務のホームページも、リニューアルをお願いしています。近日中にリニューアルしたホームページをお届けできると思います!



最近、お客さまの労使トラブルの相談にのっていて、とても感じることがあります。それは、労使トラブルの根底にある従業員の思いには



「私を認めてほしい」



という思いがあるのではないか…?ということです。



実は私もOLをしていたとき、このような出来事がありました。



その会社では、いろいろと勉強をさせていただいたのですが、いろいろと悩んで、結論として自己都合で退職することを決断したのです。


意を決して、当時の上司と、支店長にお話をしたところ、当初引き止めてくださいましたが、私の意志が固いということを確認すると、



「…わかりました。それでは、『今日』で退職してください」



と言われました。あまりにも唐突だったのでビックリしていると、



「明日から新人さんが入社するのに、すぐに辞める人がいると印象が悪いから」



という説明がありました。



すでに退社時刻を過ぎていたので、退職のあいさつもできなかった同僚や、先輩、お客さまなどがいましたが、簡単に私物を片付けて、退社したことを覚えています。



会社からの帰り道、明日から会社にいかなくてもいいんだ・・・というほっとした気持ちと同時に、どこかモヤモヤとしたやるせない気持ちがありました。



もちろん会社を辞めることは、私の意志でしたが、まるで、「誰でもかわりはいる」「君なんていなくても平気」と自分を否定されているようで、とても悲しかったことを覚えています。



労使トラブルの理由は様々で、最近は特に、従業員側も権利意識が強い人が多いという感じを受けます。



でも、その中でも、従業員側が意地を張ってしまい、なかなか話し合いや妥協案に応じないケースは、



会社のためにこんなに働いたのにお金を払ってもらえないなんて許せない



会社のためにこんなに働いたのに、大事にしてもらえないなんて許せない



自分の代わりは誰でもいるといった使い捨てのような態度を取られるのが許せない




といった、自分を大事にしてもらえないことへの怒り…そして、何としても自分を認めてほしい、という思いが根底にあるように思うのです。




コーチングのスキルのひとつに「承認」というスキルがあります。



「承認」とは、「相手を認めること」を言います。相手の到達点をそのまま口にすることによって、相手が達成感を持つように導く行為のことをいうのです。



会社と従業員、経営者と従業員、また、会社以外の人間関係でも、この「承認」をしてもらう場が足りないように感じます。



経営者側としては、



「仕事なんだからやって当たり前」



「できて当たり前」




といった気持ちはもちろんあるかと思います。ですが、そこをあえて



「いつもやってくれているね」



「最後までやったね」




といった、その人のやっている行動を認める言葉をかけてみてはいかがでしょうか?



労使トラブルを防ぐためには、就業規則などのツールや制度の構築も、もちろん大事なことですが、実はもっと身近な日々の人間関係や、信頼関係が、一番影響力があるのではないか???と感じる今日このごろです。


--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)






syaroushi_coach at 16:52|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年09月06日

それだけの時間が必要だったんです。


怒涛の2連日の講師のお仕事が終了しました。。。



ここ1週間ほど、ずっとこのお仕事の準備に追われていましたが、少し一息?つけそうです。今まで手付かずだった「緊急でないけど重要な仕事」の手をつけていきたいと思います〜〜!




さて、最近気がついたのですが、よくこのようなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。



「これをやるのに、こんなに時間がかかってしまいました…。。」



例えば、新規プロジェクトの実行であったり、新規サービスメニューの販売、また、われわれ社労士が得意とするところの社内ルールの整備などもコレにあたりますが、



「緊急でないけれど重要な仕事」



はどうしても後回しになる傾向があると思います。



ですので、どうしても、「やりたい!」「やろう!」と思いつつも、実際に実行するのが後回しになってしまい、思いのほか時間がかかったり、ということもあると思います。



そんなとき、せっかく出来上がっても




「本当は、もっと早くやりたかったのに、こんなに時間がかかてしまった…。」




と時間がかかってしまったということを悔むケースはありませんか?



もちろん、タイムマネジメントでは、この



「緊急ではないけれど重要な仕事」



をどれだけ実行できるのか?にかかっているとも言われていますので、予定通りにコトが進まないということは、タイムマネジメントがうまくいっていない?!ということも考えられます^^;)



それでも、私はそのような話を聞くたびに感じ、伝えたいのは



「でも、これをやるためには、それだけの時間が必要だったんですよ。」



ということです。



不思議なことですが、物事にはタイミング、というものがあり、何かをやろうと思ったら、これに関連する同じようなことが起きた…(シンクロというのでしょうか)ということがよくあります。



だから、予定がずれたり、思いのほか時間がかかったとしても、それだけの理由が必ずあると思うのです。



また、せっかく長らく未完了だったことが完了してスッキリしているはずなのに、そのスッキリ感よりも、



時間がかかった!!



ということをマイナスに捉えていては、もったいないと思います^^



思いのほか時間がかかったときは、



「これだけの時間がかかる必要があったんだ」



と受け入れてみてはいかがでしょうか?



時間がかかったからこそ、逆によかった!と思うことも、きっと見つかると思います(^^)




--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)







syaroushi_coach at 12:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2007年09月03日

自慢話をしてみませんか?!


9月に入りましたね〜〜。先週末には、フリーアナウンサーの山口容子さんのボイストレーニングセミナーに行ってまいりました!



以前講師養成講座を受講したときにも発声練習について取り扱っていただいたのですが、その際、



セミナー講師をするにあたって、発声練習や声の大きさなどは、重要なポイントだな〜



と感じましたので、今回のボイストレーニングはとても勉強になりました。今週も講師のお仕事やプレゼンなど目白押しですので、習ったことを意識して臨みたいと思います。



さて、今日は、ぜひ皆さんにもやってもらいたいコトです。皆さんは、



「あなたの自慢話を、ここで存分にしてみてください!」




と言われたら、どんな風に答えますか?




先日、ある会社の社長さんとお会いしたときに、社長さまは少しハニカミながら、このようにおっしゃっていました。




「ウチの営業は、取引先にもとても評判がいいんですよ^^」




これは、本当にすばらしいことです!



そこで、私は、思い切って聞いてみました。



「社長、では、御社の営業について、ここで存分に自慢話をしてみてください!」



最初は面食らっていた社長さまでしたが、どんなところがすばらしいか、どういう点が他社の営業マンとは違うのか、ということをお話ししてくださいました。




普段生活していて、



「自慢話をどうぞ!」



と言われることは、なかなか少ないですよね?



それどころか、逆に自慢話をすると、周りからイヤな顔をされることのほうが多いくらいですし…(^^;



また、あえて「自慢話をどうぞ!」と言われると、謙虚になって「自分には自慢できることなんてないです。。」なんていう方もいらっしゃると思います。




ですが、この「自慢話をする」ことで、自分の、自社の強みがわかることがあるのです。




また、


「自分なんて全然ダメだわ・・・」


「ウチの会社はダメなことばかりだ・・・」




と自信がなかったとしても、「自慢話」をしているうちに、自分や会社のいいところ、強いところがわかってきて、自信を持つことができるようになります(^^)




ちょっと照れるかもしれませんが、ぜひ、一度自分の、会社の自慢話大会?をしてみてはいかがでしょうか?




ただし、大会を開催する場合は、事前に周りの方の了承を得てからしてくださいね〜(笑



--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)






syaroushi_coach at 12:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング