2009年01月

2009年01月27日

いよいよ最終回!です

スタッフ











2006年10月号からスタッフアドバイザーさんに連載をさせていただいていた



「知っているようで知らない社会保険実務の手引き」



が、いよいよ2009年3月号で【最終回】となります



2年半という長期連載を担当させていただきました。ここまで続けてこれたのは、編集部の皆さん、そして読者のみなさんの応援のおかげです!



本当にありがとうございます



ちなみに…この2年半の間に下記の内容で執筆をしました。


・2006年10月号 社員がケガ、病気をしたときの実務(業務外)
・2006年11月号 社員がケガ、病気をしたときの実務(業務上パート1)
・2006年12月号 平成18年社会保険法改正と来年度の留意点
・2007年 1月号  社員がケガ、病気をしたときの実務(業務上パート2)
・2007年 2月号 社員が入社したときの社会保険実務と助成金
・2007年 3月号 社員が出産、育児をしたときの実務
・2007年 4月号 社員退職の社会保険実務と助成金への影響
・2007年 5月号 労働保険年度更新実務
・2007年 6月号 賞与支払いと社会保険実務
・2007年 7月号 算定基礎届の作成と注意点
・2007年 8月号 労働基準監督署の調査が入ったときの対応方法
・2007年 9月号 就業規則と労使トラブルの関係
・2007年10月号 雇用保険法の改正と実務の影響
・2007年11月号 社員が結婚・引越しなどをしたときの社会保険労働保険の実務
・2007年12月号 医療費を全額自己負担したときの実務と高額療養費の仕組み
・2008年1月号  社員が高齢になったときの実務
・2008年2月号  社員が通勤途上で交通事故にあったときの実務
・2008年3月号  パートタイマーの社会保険労働保険加入基準とパートタイム労働法の法改正について
・2008年4月号  社員や社員の家族が死亡したときの実務
・2008年5月号  労働保険年度更新の実務
・2008年6月号  会社が住所変更・社名変更をしたときの実務

・2008年7月号  算定基礎届の作成と注意点
・2008年8月号  新しく会社を作ったときの社会保険・労働保険加入の実務
・2008年9月号  各種労使協定作成の実務
・2008年10月号 兼務役員の雇用保険加入の実務
・2008年11月号 求人募集の実務
・2008年12月号 うつ病社員の休職の実務
・2009年1月号  社員が介護休業をとるときの実務



連載中は時には筆が進まなくて、ウンウン苦しんだことも1度や2度ではありません…!


それでも、自分の今までの経験を、文章化させていただくことで、何より私自身が一番勉強になりました。


拙著「社会保険労働保険はじめての届け出&かんたん手続き」(←こちらも好評発売中!)は完全に実務の解説本でしたが、スタッフアドバイザーさんでのこの連載は、


食品卸売業の株式会社エリミノという会社を舞台に、社長さんと総務担当者の疑問に社会保険労務士である私(吉川)が回答・解説していく


という形式をとっていましたので、私としても楽しんで書くことができました。


何だか、カワイイわが子が、成人して旅立っていくような…そんな気持ちです(笑)


最終回は、どのような内容にしようか、締め切り直前にも関わらずまだ迷っていますが、最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います!










2009年01月24日

東京しごとセンター

東京仕事センタ













昨日打ち合わせで東京しごとセンターさんに行ってきました。




東京仕事センターとは、東京都が都民の雇用・就業を支援するために設置した、しごとに関するワンストップセンターです。




私がお伺いしたのは、3階の「34歳以下対象のヤングコーナー」だったのですが、すごい充実した施設に、びっくり!




34歳以下の求職者の皆さんを対象に、様々なセミナーや模擬面接、カウンセリング、といったサービスを提供しています。




ちょうど私がうかがった時は、ジョブパーティというイベントが開催されていました。




ジョブパーティとは、指定の講習を受講した受講生が、一般企業の方と、ざっくばらんに思っていることや仕事について気軽に話したり聞いたりできる場のことです。




外から見学させて頂きましたが、参加している受講生の方と企業の方数人がグループとなり、一定の時間内でお互いに聞きたいことをワイワイとお話しをしていました。




このほかにも、いろんなイベントが随時行われていて、しかも、原則として、費用が無料なのです^^




意外とこの施設を知らない方も多いのではないかと思いますが、もしも興味があったら、ぜひ、一度行ってみてください!




・・・で、打ち合せの目的なのですが、今度2月に




「若手社員の活かし方・育て方」




というテーマで、こちらの仕事センターさん主催のセミナーにて、講師を務めさせていただきます!




もちろん、参加費は【無料】!




詳細はまた、改めてブログやメルマガでもご案内しますね(^^)







2009年01月21日

リーダーに必要なものとは?


朝イチで、オバマ新大統領の就任式を見ました。そのパワフルで、自信に満ちたスピーチにくぎ付けになりました



目の前には、深刻な課題が山積みです。



それでも、彼なら、やり遂げる。そして一緒に新しいアメリカを作っていける!



就任式に集まった国民の一体感に、感激して鳥肌がたちました。



オバマ氏の就任式をみて、改めて



「リーダーに必要なものとは?」



と考えました。



信念をもってやり遂げる、という意思とそれを「伝える力」。


そしてどれだけ、リアルに物語を語れるか。




これは、規模こそ違うかもしれませんが、経営者も、管理職も、まったく同じではないでしょうか?



リーダーに不可欠な能力だと改めて思いました








2009年01月20日

新年会

こちらの講座でご一緒した皆さんと先日新年会を行いました〜!




場所は渋谷のプティ・サレさん、というプレンチビストロ(↓写真がうまくとれず、スミマセン・・・)


新年会















今回都合が合わずに参加できなかったOさんのご紹介のお店とあって、お料理もお酒も絶品!堪能しました^^




昨年の2月から6月まで、約4ヶ月間、講座を一緒に受講し、苦楽を共にした仲間5名が集まりました。






講座では、普通では話せないようなことも、恥ずかしい姿やみっともない姿も見せあったりしました。




いろいろな分野で活躍している方々と、講座終了後も定期的に会えると楽しいですね!




このあとも、1月はいくつか新年会が続きます(^−^)







syaroushi_coach at 12:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年01月19日

小さくても、いいのです!



2009年の抱負や目標、きっと皆さんも決められたことと思います。


抱負や目標が決まったら、次にやるべきことは…


そう!


「行動を起こすこと」


ですね。


行動が大事!!ということは、あちらこちらで言われていますし、おそらくほとんどの方も知識としてご存じのことと思います。


ですが、この「行動する」ということが意外とハードルが高かったりして・・・


ついつい億劫になってしまい、行動することを後回しにしてしまう…ひょっとしたらそんなこともあるかもしれません。



実は私自身も、昨年から1〜2か月くらい、ずっと悩んでいたことがありました。



悶々と自分の中で考えていましたが、コレが決着がつかない限り、前にも後ろにも進めないような出来事でした。


そこで、思い切って行動することにしたのですが…


その行動とは、



ある人に1通メールを送る



という行動だったのです。


メールを送った後、すぐにその人からメールの返信があり、なんと…!あっという間に悩みは解決したのでした^^;



メールと言っても、すごい長文のメールではありませんよ。



本当に、短い、簡単なメールです。



それでも、たった1通「メールを送る」という「行動」を起こしたことで、前に進む道がはっきりし、自分が悩んでいたことがスッキリ解決するのだから、本当に不思議です…!



「行動、行動!」と言われると、何だか引いてしまう人もいるかもしれませんが、決して大きな行動である必要はありません。



ほんとーーーに小さな、些細なことでいいのです。



ほんの些細な小さな行動でも、これだけ変化があるのだな〜〜〜〜と改めて感じた出来事でした







syaroushi_coach at 12:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2009年01月08日

明治神宮に行ってきました!

明治神宮















せっかく事務所が渋谷にあるのだから…!と、急きょ思い立って明治神宮にいってきました〜!



明治神宮は過去1回、10年ほど前に1度だけ初詣に来たことがあります。



それにしても、都内とは思えないような、緑あふれる素敵な空間ですね!



境内を歩いているだけで、心が癒されましたっ



お参りをして、せっかくですので、おみくじも購入〜。



明治神宮のおみくじは、「吉」とか「凶」とかではないのですね。



でも「なるほど」と思うようなことが書いてありましたヨ。







2009年01月07日

目標設定完了〜!

目標















新聞や雑誌、WEBなどあちこちで、2009年の目標設定をテーマに取り上げられていますね。




私もウンウン悩んで、やっーーーと、2009年の目標一覧表が出来上がりました〜!




私が目標設定の際に意識したポイントは2つです。




1つは、2009年の12月31日にどんな状態になっていたいか?と具体的な日付を明記したこと。漠然と「2009年の目標!」でもいいかとは思いますが、日付が明確になると、より実現のイメージも明確になるから不・思・議です。




2つ目は、成果をどのようにはかるか?ということを決めたこと。




目標を立てるのは簡単ですが、その目標が達成されているのかどうかを自分で計測できなければ、意味がありません…!




というわけで、成果を図るための「エヴァリエーションプラン」を作成しました



いったん自分で作ったこの目標をもとに、次回のマイコーチとのセッションで、完成版を作成します〜!






2009年01月06日

社員へ注意するときの心がけとは?

当事務所も昨日から仕事はじめでしたが、本日から仕事はじめの会社さんも多いようですね。


お正月休みですが、私は例年通り主人の実家(茨城県)にいきました。


主人と私の実家には、双方ともに普段からよく行っていますが、孫の成長を見せるのが、一番の親孝行かな〜と思います



さて、今日は「社員へ注意するときの心がけ」について記事にしてみます。



私自身クライアントさんから



社員の注意の仕方や注意するときのセリフ



についてよくご相談を受けます。



経営者だって管理職だって人間です。誰だって悪者にはなりたくないですよね。



だから、ついつい社員に気になる行動があっても、注意するのをためらってしまう…



実際に注意すべきタイミングを失って、そのままナアナアになってしまっているケースというもの多いように感じます。



また、注意すべきだということわわかっているが、どのように注意したらいいかわからない…



そのような経営者や管理職の方も、実際には多くいらっしゃるのではないでしょうか?



このようなご相談を受けたとき、私は



「事実を客観的に伝えたうえでどのように改善してほしいのかを伝えること」

「人格を否定しないこと」




という2点について必ずお伝えします。



同じ意味合いでも、言い方一つで相手の受け止め方が変わってきてしまうのですから、伝え方というのは、思った以上に影響力があります。



ですから、相手(社員)が受け止めやすいように伝える必要があります。



このようにお話しすると、「そこまで配慮しなければならないのか?」という声も聞こえてきそうですが…



私はそのように聞かれた場合、「そうです。そこまで考えて伝えてください」とお話ししています。



なぜなら、そもそもいったい何のために社員を注意するのか、その目的をよく考えてみてください。



その目的の多くは、



社員に問題行動を改善してもらうため



ではないでしょうか…!?



「注意する」という行動だけにとらわれていると、「悪者になりたくない」「面倒くさい」といった感情に支配されることもあるかもしれません。



ですが、そのようなときには、ぜひ、「注意する目的」についても意識を向けてほしいと思います。




「注意する目的」から考えれば、社員自身が、自らの行動を振り返って、「よし、改善しよう!」と思うように注意をしたほうが、注意する側も目的を達しやすいですよね。



決して社員を甘やかすためでは、ありませんよ…!




※なお、私が考える人材活用成功に必要な3つのルールをレポートにまとめました。現在無料で配信中!です。よかったら、ぜひこの機会にご登録くださいませ

http://yoshikawa-roumu.com/report/








2009年01月01日

2009年もよろしくお願いします!

2009年になりました〜〜!!さきほど無事に初日の出も拝むことができました


新しい年は、ワクワクしますね


このブログをスタートさせて、丸4年。5年目に突入です。


今年もコツコツ継続していきますので、読者のみなさま、引き続きどうぞよろしくです


2008年後半から、世間では不景気といわれていて、全体的に暗いムードがただよっていましたが、私個人としては、あまり気にしていません


なぜかというと、不景気・好景気にかかわらず、結局は自分がその出来事をどのようにとらえて、どのように行動するかがすべて、と思っているからです。


そう、不景気だって、主体的にとらえる必要があると思います。


不況だろうが、好景気だろうが、自分がやることは、変わりません。


もちろん、自分の力で何とかできないこともあるかもしれません…でも、それを悲観しても仕方がないのです。すでに起きてしまっていることなのですから。


起きたことは素直に受け止める。そして、その上で、自分が何ができるかを考える。


これにつきると思います。




個人的にはこれから3年間を勝負の年!と位置付けています。



というわけで、今まで以上に積極的にいろいろとチャレンジしていきたいと思います



なお、このブログですが、準備が整いましたら、ブログのお引越し&タイトル変更を考えています。



詳細きまりましたら、改めてご報告しますね



それでは、改めまして本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします('-^*)/