2009年03月

2009年03月24日

冷静に物事を捉えるために必要なこととは?

実は先日、イラっとした出来事がありました^^;



自分でもびっくりしましたが、2〜3日ほど引きずっていました。



でも、視点を変えてみたら、あっという間に気にならなくなってのです。というわけで、ご参考までに私の体験をシェアしたいと思います。



先日新しい仕事のお話しで、もう3年以上もお付き合いがある方と、打ち合わせをさせていただきました。



ところが…



どうもその方の対応が、その都度気になるのです。



というのは、言葉の選び方や、私への態度が、明らかにおかしい。



率直に言うと、言葉の端々に、私を見下したような、馬鹿にするような、そんな態度が感じられたのです。



正直、1度くらいなら特に気にならなかったと思います。ところが、打ち合わせの時間はおおよそ1時間くらいでしたが、1度どころか、何度もそのように感じたのでした。



そうなると、当然私としては腑に落ちませんし、おもしろくありません(笑)



打ち合わせの帰り道から、ずっと悶々とし、



「そんなことなら別に新しい仕事も、無理してやらなくてもいいよ!」



という気持ちになりました。



事務所に帰っても、自宅に帰ってもイライラは収まりません。



自宅では主人に繰り返し話をし、ついに主人にも



「まだそんなこと気にしているの?」


と迷惑がられてしまいました



あまりにも気になったので、どんなところがイラっときたのか、具体的に考えてみることにしました。



でも、よくよく考えてみると、今までその方とお付き合いしていて、そんな風に感じたことは少なくともなかったのです。



「何かいつもと違うことがあって、あのような態度だったのかも…」



そう思うと、確かにこの不況ですし、業界的にも大変な業界だ、ということは私も小耳にはさんでいました。



そのように相手の立場になって考えてみると、いろいろなことが見えてきました。



「ひょっとしたら、会社からいろいろキツク言われて、イライラしていたのかもしれない」


「忙しくて、打ち合わせに乗り気でなかったのかもしれない」




などなど、少し冷静に考えられるようになりました。



思えば私だって、忙しいときや、イライラしたときに、無意識に誰かに不機嫌な対応をしていたかもしれません。(過去を振り返ってみると、思い当たる節があります^^;)



もちろんそのような態度がいい、ということでは決してありませんが、人間誰しも不機嫌なときやイライラしているときに態度に出ることは、ありますよね。



そのように考えたら、急に今までのイライラが、すっかりおさまりました。



もちろん、今後継続的にそのような態度をとられるのであれば、私には「お付き合いをしない」という選択肢がありますので、そのときはそのときで決断すればよいのです



「相手の立場になって考える」



いろいろなところで言われている言葉ではありますが、実践となると、なかなか難しいのだな、ということを改めて感じた出来事でした。











syaroushi_coach at 13:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)コーチング 

2009年03月19日

「小予算で社員がイキイキと働くようになる人材活用術」CD先行予約販売中です!

やっーーーと、本日(3月19日)、改正雇用保険法案が衆議院で可決されましたね^^;


年度末の退職者を救済するために、施行日を3月31日に1日前倒しするようです。はっきり決まりましたら、またこのブログでもご案内したいと思います。



さて、このたび、音声セミナー(CD)を販売することになりましたので、ご案内です



昨年12月に行ったセミナー「小予算人材活用セミナー」を再構成して再度収録を行い、音声セミナー(CD)を販売します^−^



【平成21年3月19日(木)〜平成21年3月23日(月)23時59分】



までのお得な先行予約割引もありますので、ぜひ、ご興味ある方はチェックしてみてくださいね





※小予算で社員がイキイキ働くようになる人材活用術CD

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.yoshikawa-roumu.net/cd.html

CD







2009年03月02日

障害者雇用納付金制度が改正されます。

障害者雇用納付金制度が、一部改正されるようですね…。


ちなみに、障害者雇用納付金制度とは…


↓↓↓↓↓↓↓↓

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

「障害者の雇用の促進等に関する法律」では「障害者雇用率制度」が設けられており、常用雇用している社員数が56人以上の会社は、その常用雇用している社員数の1.8%以上の身体障害者又は知的障害者を雇用しなければなりません。


ただし、障害者を雇用するには、作業施設や設備の改善、特別の雇用管理などが必要となるため、会社側にも一定の負担が生じます。


したがって、法律で決められている障害者雇用率を守っていない会社も実際には多く存在します。


このような経済的負担の不公平感を解消するため、そして何よりも障害者の雇用に関する会社の社会的連帯責任を促進するために、「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、この経済的負担を調整し、障害者の雇用を促進するため、「障害者雇用納付金制度」を設けています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


すなわち、一言でいうと、障害者雇用納付金とは、


法律で決まっている障害者の雇用率を満たしていない会社に対して納付してもらう、ペナルティ(いわゆる罰金)のようなもの


を言います。



今までこの納付金の対象の会社は、常時雇用する社員が301人以上の会社でした。


ところが、法改正により、平成22年7月1日からは201人以上300人以下の会社も対象となります。



さらにさらに平成27年4月1日からは101人以上の会社にもこの納付金制度の適用が拡大となります。



この改正により、納付金制度の対象となる会社さんもグン!と増えますので、注意が必要ですね。。



詳しいパンフレットはこちらになりますので、ぜひ、ダウンロードしてみてください。


http://www.jeed.or.jp/disability/employer/download/revision.pdf


なお、法定雇用率を超えて障害者を雇用している場合は、報奨金の支給もありますよ^^