2005年03月24日

育児休業取得者申出書の取り扱いの変更

人気ブログランキングに参加しています!まずは「ぽちっ」とココをクリックして今の順位を確認してみて下さい!!

今日のテーマは平成17年4月の法改正&年金制度理解の啓蒙活動第2段です!
さて、皆さんもご存じの通り、育児休業中は「育児休業取得者申出書」を提出することで、健康保険・厚生年金保険料が免除されます。

今まではこの書類はかなりのクセモノでした。というのも、ほとんどの書類はたいてい少しくらい提出が遅れても、遡及手続きをしてくれますが、この「育児休業取得者申出書」については、届出が遅れてしまった場合は遡及してもらえず、「『育児休業取得者申出書』を役所に届け出た日」の属する月からしか保険料が免除されませんでした!!

この書類は社労士&人事担当者泣かせの書類だと思います。とにかく気を遣います。特に月末近くから育児休業を開始する方の書類については、事前に役所へ提出をしておいて、さらに電話で「確かに提出されてますよね??」と確認したり、大変でした。

ところがこの平成17年4月の法改正で、保険料免除期間について「『育児休業取得者申出書』を届け出た日」の属する月からではなく、「育児休業開始日」の属する月まで遡及されることとなりました!!いや〜。ホッとしました!もちろん遡及されるようになったとはいえ、遅れることなくタイミングよく提出する必要があるかと思いますが・・・。

また、合わせてこの平成17年4月より育児休業保険料免除期間が『子が1歳になるまで』から『子が3歳になるまで』の期間へ延長されています!!

こうして今までの法改正の経緯を見てみると、昔は保険料の免除も厚生年金保険料のみ、かつ被保険者負担分のみだったことを考えると、少しずつ改善されているのかなあ・・・と感じました。

★育児休業保険料免除が遡及されるようになってよかった〜と共感された方「ぽちっ」と応援クリックお願いします!








syaroushi_coach at 15:03│Comments(0)TrackBack(0)社労士コーチ雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔