2007年08月08日

まず、あなたが変わってください!



新聞の広告欄には本の新刊紹介がよくでていますが、最近本当に



人をうまく動かす方法、とか



指示まち社員を自発的に動く社員にかえる方法、とか



どうやったら従業員にモチベーション高く働いてもらえるのか?といった本が続々と出ているように感じます。



それだけ、人を使う側からすると、悩みはつきない、ということなのですね。



これらの本で伝えていたり、私自身もお客さまと接していて感じるのは、




従業員に変わってもらうためには、まずは自分(経営者)が変わる必要がある




ということが、一番大事なポイントだと思います。




従業員が、それぞれの役割を意識してテキパキ働いてくれたら・・・




そう願っている経営者の方は、きっと多くいると思います。私も実際にあちこちで、そのような話や悩みを聞きます。でも、現実は経営者の希望どおりに動いてくれる従業員はそう多くはありません。



それどころか、従業員の言い分は、モチベーション高く自分の能力を最大限発揮して会社に貢献したいと思っているにも関わらず、会社が自分の力を最大限発揮させてくれない・・・というものなのです。



ですから、会社がただひたすら従業員が変わることを待っていても、残念ですが、ずっーーーと、ひたすら、平行線なのです。



だからといって、従業員に気を遣え!ということではありません。もちろん従業員側に問題があることは、事実です。



それでも、もし、本当に会社が従業員を「経費」ではなく「投資」であると考えていて、従業員にモチベーション高く働いてもらいたい、と思っているのなら・・・・




私はあえて、この言葉をお伝えしたいと思います。




まず、会社が、経営者が、役員の方々が、従業員に対する意識を変えてください。と。



そして、誰がこの会社を変えていくのですか?経営者が変えていかなければ、何も変わらないのだと。



とはいえ、いきなりすべてを変える必要はありません。今すぐできること、何か一つでいいのです。



例えば、朝の挨拶を、「●●さん、おはよう。」とその従業員の名前を呼んで言ってみてはいかがでしょうか?



実際にあった話ですが、このように名前を入れて挨拶をするようになったら、今まで険悪なムードだった部下が、自然と話しかけてくるようになった、という事例もあります。



何か一つでいいのです。今すぐできること、前からやってみたい…と思っていたことはありませんか?



これだけは断言できます。



一つでも、些細なことでも、自分が行動を変えると、必ず周囲の行動が変わります。そして、不思議なことですが、周囲が変わると、さらに自分も変わることができるのです。



いかがですか?



ぜひ、今すぐできることを何かひとつ、変えてみてください。次は周りが、従業員が変わっていくのです。


--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)











syaroushi_coach at 08:30│Comments(0)TrackBack(0)コーチング 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔