2007年08月13日

伝え方を意識しよう!


お盆休みですね〜〜〜。


何だか周りの空気ものんびりと流れている感じがします(^^)



そんな中でもシコシコ2冊目の書籍の最終校正作業中です〜!長かった・・・ホントに長かった・・・がやっと終わりが見えてきました〜!あともう少しですので、気合を入れて、がんばりますう。



さて、本題ですが、人間関係でストレスと感じることが多いことの1つに、



自分が言いたいことを相手にいえない



ということがありませんか???



これは、家族や友人、同僚、部下、従業員、仕事のパートナー、クライアントさんなど、すべての人間関係に言えることだと思います。



ですが、自分の意見を言ったり、注意したり、自分の思いを伝えたりすることは生きていくうえで、またビジネスにおいても避けては通れません。




このようなときに、ぜひ知っておきたい考え方をご紹介します!




それは「自分と相手を尊重する自己主張の方法=アサーティプネス」という考え方です。



アサーティブネスは、自分の思いどおりに自分の意見を押し通すことではありません。自分の要求や意見を、相手を尊重して、表現することを目的としています。



では、実際にどのように行動すれば、アサーティブな行動をとれるのか・・・というと、いつかのポイントがあります。



1.自分の感情と距離をおいて観察する


2.何を伝えるかより、どう伝えるかを意識する


3.すぐ人と対立する人たちとうまくつきあう方法をおさえる



などなど です。



特にこの「2.何を伝えるかより、どう伝えるか」ということは、とても大事なポイントだと思います。




なぜなら、言いたいことは同じであっても、使う言葉、言い回し、声のトーン、によって、相手が受ける印象が大きく変わってくるからです。




実際に私も、今まで何度となく言いにくいことを言わなければならないケースがありましたが、よく考えなければ感情的かつ攻撃的に伝えてしまう可能性があったので、




この言葉は適切か?他の言い回しがあるのではないか?




といったことを意識しながら、実際に言葉に出してみて、伝え方を考えた経験があります(^^;



そうなんです。自己主張することは決して悪いことではありません。ですが、伝え方には気をつける必要がある!ということは意識する必要があるのだと思います。



もしも今度、自分の意見を言う機会にあったら、ぜひ、思いのままに話すのではなく、どのように伝えるか、どんな言葉を使うか、ということも一呼吸おいて考えてみませんか???



それが、「相手も自分も尊重するアサーティブ」な態度につながるのだと、私は思います^^



--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)







syaroushi_coach at 23:20│Comments(1)TrackBack(0)コーチング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by a human being   2007年08月19日 15:55
参考になるのでブログを拝見させてもらって
います。最近、更新しないですね。
こんな記事も見かけました。どう思われますか。

語られざる男性差別

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070220/119382/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔