2007年08月22日

その問題のよかったことは何ですか?



最近、コンビニの冷やし系麺類にハマッています。冷やしうどん、冷やしラーメンなど、コンビニごとに少しずつ趣向が違うので、いろいろと試してみました〜。



結果、ローソンの冷やし坦々麺が、今のところ一番のお気に入りです♪



昨日も、お昼に食べようと思ったら売り切れだったので、ついつい他のお店まで探しにいって買ってしまいました(笑)でも満足です(^^)



さて、本題ですが、先日あるクライアントさんからちょっとした労使トラブルのご相談を受けました。



最終的には、収まるところに収まった…という結果でしたが、やはり会社にとってもイロイロな影響があったように感じます。



そこで、私はあえてこのような質問を社長さまにしてみました。




「このトラブルのあえて『よかった点』を上げるとしたら、どんなところですか?」




正直言って、労使トラブルで大変な思いをした社長さまに、こんな質問は失礼かもしれません。こんなこと聞く社会保険労務士は、なかなかいないかもしれませんね(苦笑)




ですが、社長さまは冷静に考えて、答えてくださいました。



こんなことに気づいた…とか、何か変わるキッカケになりそうだ…とか。




そして、お話を聞いていた私も、同じように感じました。今回のトラブルで、会社が、何かが変わるキカッケになると。




労使トラブルと言うと、やはりマイナス面ばかり中心に考えてしまいます。そして、そのトラブルを「解決すること」が目的となることが多いかと思います。



もちろん、そのトラブル自体が解決したことはよし、として、あえて、そのトラブルが解決した後、冷静になってみた状態で、



「この問題のよかったことはどんなところだろう?」




と考えてみてはいかがでしょうか???




「よかったこと」と捉えることで、マイナスのイメージの強かった労使トラブルが、プラスの出来事に変化することも可能になります。



そして、不思議と、そのように考えてみると、いろいろな気づきがみつかるはずです。



そして、せっかくですので、その気づきを、今後に活かしてみてはいかがでしょうか?



変わるときは、まさに『今』なのかもしれません!!



--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/



----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切


----------------


■無料メルマガ「社労士ナシでもできる社会保険実務のノウハウ」

人事・総務担当者&社労士実務未経験者必見!!社労士経験10年の吉川が、意外と多い社会保険・労働保険の実務上の「?」について毎回読みきりサイズでそのノウハウをご紹介します!!

★ご登録とサンプルはこちらから!!
(平成19年4月20日現在発行部数1099部)









syaroushi_coach at 08:08│Comments(0)TrackBack(0)社労士コーチ雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔