2008年09月16日

社労士と事業承継?

今まで事業承継といえば、税理士さんというイメージがありました。


ところが…ここ最近ご相談に乗っているクライアントさん数社とのやりとりの中で、


事業承継に社労士も必要とされている


と思うようなことがありました。


そもそも事業承継とは、会社(事業)を、現在の経営者から後継者に引き継ぐ形で譲渡することをいいます。実務的には、会社の株式や財産、役職などを含めて後継者に譲り渡す…ということになるわけです。


そして、中小企業の経営者が高齢になるに伴い、今後会社をどうしていくか?と考えたとき、ご自身のお子さんに事業を譲る…という選択肢があります。


具体的に会社を譲るのは、まだ少し先であっても、後継者に会社を譲るときには、会社をきちんとした形で渡したい、と考える経営者は多いはずです。


すると、今までなかなか手をつけられなかった就業規則の整備であったり、社内ルールの明確化であったり、社内の役割分担の明確化であったり…ということが必要になってくるのです。


事業承継を考えるということは、今後会社が継続していく中で必要な人材、必要でない人材などもはっきりと区分されることもあり、いろいろと会社を見直すタイミングとなるのかもしれません。



実際に、クライアントさんのお話しを聞いていくと、


「後継者にきちんとしたかたちで会社を受け継ぎたい


という一つのゴールをお持ちの場合が多いという感じを受けます。


その際に、私たち社労士は、就業規則の整備をはじめとした社内整備や社員の整備といった形で経営者の方々のサポートができるのだと、思うのです。


まだまだ手探りのところも多々ありますが、今後も中小企業経営者の方が、後継者の方に、望む形で会社を整備するお手伝いをしていけたら…と思います(^ー^)






syaroushi_coach at 05:30│Comments(1)TrackBack(0)社労士実務ネタ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Kennedy   2014年03月31日 06:17
Can I just say what a relief to discover an individual who actually understands what they’re talking about on the net. You definitely realize how to bring an issue to light and make it important. More people must look at this and understand this side of the story. I was surprised that you are not more popular given that you definitely have the gift.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔