2008年11月13日

どうしたら人の話を聞けるようになるのか?


社員のことで悩んでいる社員を1人以上雇っている中小企業経営者の方に、
私が今まで社会保険労務士としてコーチとして多くの会社に関わってきて気づいた、驚くほどシンプルな社員を自発的に動かすための、考え方やポイントについて、体系的にまとめたセミナーを開催します!

「小予算であなたの会社の社員が10倍働くようになる人材活用セミナー」

 日時:平成20年12月4日(木)14時00分〜16時30分
※お申し込み詳細はこちらから!
http://www.yoshikawa-roumu.net/20081204.html

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




「吉川さんは、なぜそんなに人の話が聞けるの?!」



と最近よく聞かれます(^ー^)



もちろんコーチという職業は、人の話を聞くことが仕事ですので、当たり前といえば当たり前なのですが、私にとってはこのように言っていただけることは最高の褒め言葉です★



もともと小さいころから、人の話を聞くことは好きでした。



そして、もちろん、きちんと聞くトレーニングをしたから話を聞くことができる、ということもあります。



でも、それだけでは、人の話を聞くことはできない、と断言できます。



では、どうしたら、話を聞くことができるのか、というと…




自分の話をよく聞いてもらうこと



これにつきると思います。



私もコーチをお願いしていますのでマイコーチと話をするときは、とにかくばあーーっと一方的に話をして、話を聞いてもらい、すっきり



もしもこの時間をとっていなかったら、


どんなに話を聞くことが好きでも


どんなに、話を聞くことの重要性がわかっていても


どんなに、話を聞こうとしても



ついつい自分のことを考えてしまったり、聞いているふりをして、本当に聞いていなかったり、ということが起きると思います。



可能であれば、ご家族やお友達で、自分の話をとにかくただ黙って聞いてくれる人がいてくれるといいのですが、実際は、家族や友達も、



「私の話を先に聞いてほしい〜!」



と競争になってしまい、話を聞いてもらう機会が少ないのかもしれません。



そんなときは、まずは自分から相手の話を聞き、そのあとに自分の話を聞いてもらうよう、リクエストしてみてはいかがでしょうか…!



そして、もしもそれがどうしても難しい場合は、ぜひコーチを雇って、自分の話を聞いてもらう場を作ってみてください^^



私は、日々の仕事を通して、中小企業経営者の方々のお話を聞くたびに



「中小企業経営者の方々は、もっと話を聞いてもらう場を必要としているはずだ!」



と感じています。



経営者ほど孤独な立場の方はいらっしゃいません。



でも、スタッフや家族にも話せない悩みを抱えているのです。



そんなとき、特にアドバイスでもなく、ただたっぷり話を聞いてもらえる場があったら、次の行動に移すためのエネルギーが高まったり、普段はなかなか聞く気にならなかった社員の話を聞くこともできるようになるかもしれないと思うのです。



聞くことがどんなに大事か!は、自分が話を聞いてもらって、初めてわかることかもしれません。



相手の話を聞き、安心して自分の話を話せる関係を、作っていくことが一番ですね。








syaroushi_coach at 10:56│Comments(2)TrackBack(0)コーチング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Aaliyah   2014年01月23日 14:28
I tend to some what agree with what was said but in hindsight I don’t follow the subject very well. You might have a much better grasp than me.
2. Posted by Violet   2014年02月19日 13:13
I’m no longer certain where you are getting your info, but great topic. I must spend a while learning much more or understanding more. Thank you for fantastic information I was on the lookout for this info for my mission.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔