2008年12月09日

なぜセミナー講師の仕事をするのか?

怒涛のセミナー講師のお仕事も無事、終了しました(^−^)



各セミナーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
内容その他はまたこのブログでも別途ご報告しますね。



セミナー講師のお仕事をすればするほど思うのですが、当日話すことはもちろんのこと、準備にはもっーーーーと時間がかかりますので、私は簡単にできるお仕事ではないと考えています。



最も、人前に立つことが大好きな性分だったら、苦なく楽しんでできるのかもしれませんが、私はどちらかというと反対で、もともとはひっそりとしていたい性分なのです(笑)



でも、今年に入って、改めて人前で話をできるようになろう!と決意をしました。



なぜかというと…



伝えたいことがあるから



なのです。そうです。ただ、これだけです。



私以外の方が、私の思いを伝えてくれるのだったら、別に私が前に出る必要はないのかもしれません。



でも、私が伝えたいことは、私しか伝えられないのです。



私が伝えなかったら、誰も私が伝えたいことを知ることができないのです。



そして、もしも私が伝えないんだったら、別に独立する必要もなかったのです。勤務していた事務所で頑張っていればよかったのですから。



だから私は、私の思いを伝えるために、人前にたって伝える側になることを決断しました。



もちろん、集客のため、という理由もあります。



お金がほしいという理由もあるでしょう。



ひょっとしたら、受講している方々から「かっこいい!」と思われたい、なんていう変なプライドもあるかもしれません^^;



もちろん、周りからどう見られるかということは、とても大事なことではありますが、そのようなことはいったんぜーーーんぶ手放して、



ただ、私が何を伝えられるのか?何を伝えたいのか?



これだけを考えることができるようになったとき、私の講師としてのプレゼンスはがらっと変わったように感じます。



おかげさまで、先日のセミナーを主催していただいた方には、



「以前より、話し方がとてもうまくなっていて驚きました!」



といううれしいフィードバックもいただきました。



それはきっと、私がいったん全部手放して、「素」の状態で、自分の伝えたいことに集中したからだと思います。



私がとても尊敬するある有名な経営者の方に、以前このような質問をしたことがあります。



「たとえばもしも講演やWEB、メディアのイメージと本来の自分のイメージとにギャップができたら、苦しくなるのではないのですか?」



するとその方はこのように答えました。



「だから、私たちは、早い段階から『素』の自分で舞台にたたないとダメなんです。」



なるほど〜〜ととても納得感がありました。



「素の自分で舞台にたつ」


「自分の伝えたいことが伝わるのかに集中する」


これからもこの点を意識してセミナー講師のお仕事をしていきたいと思います。










syaroushi_coach at 15:41│Comments(0)TrackBack(0)社労士コーチ雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔