コーチング

2009年03月24日

冷静に物事を捉えるために必要なこととは?

実は先日、イラっとした出来事がありました^^;



自分でもびっくりしましたが、2〜3日ほど引きずっていました。



でも、視点を変えてみたら、あっという間に気にならなくなってのです。というわけで、ご参考までに私の体験をシェアしたいと思います。



先日新しい仕事のお話しで、もう3年以上もお付き合いがある方と、打ち合わせをさせていただきました。



ところが…



どうもその方の対応が、その都度気になるのです。



というのは、言葉の選び方や、私への態度が、明らかにおかしい。



率直に言うと、言葉の端々に、私を見下したような、馬鹿にするような、そんな態度が感じられたのです。



正直、1度くらいなら特に気にならなかったと思います。ところが、打ち合わせの時間はおおよそ1時間くらいでしたが、1度どころか、何度もそのように感じたのでした。



そうなると、当然私としては腑に落ちませんし、おもしろくありません(笑)



打ち合わせの帰り道から、ずっと悶々とし、



「そんなことなら別に新しい仕事も、無理してやらなくてもいいよ!」



という気持ちになりました。



事務所に帰っても、自宅に帰ってもイライラは収まりません。



自宅では主人に繰り返し話をし、ついに主人にも



「まだそんなこと気にしているの?」


と迷惑がられてしまいました



あまりにも気になったので、どんなところがイラっときたのか、具体的に考えてみることにしました。



でも、よくよく考えてみると、今までその方とお付き合いしていて、そんな風に感じたことは少なくともなかったのです。



「何かいつもと違うことがあって、あのような態度だったのかも…」



そう思うと、確かにこの不況ですし、業界的にも大変な業界だ、ということは私も小耳にはさんでいました。



そのように相手の立場になって考えてみると、いろいろなことが見えてきました。



「ひょっとしたら、会社からいろいろキツク言われて、イライラしていたのかもしれない」


「忙しくて、打ち合わせに乗り気でなかったのかもしれない」




などなど、少し冷静に考えられるようになりました。



思えば私だって、忙しいときや、イライラしたときに、無意識に誰かに不機嫌な対応をしていたかもしれません。(過去を振り返ってみると、思い当たる節があります^^;)



もちろんそのような態度がいい、ということでは決してありませんが、人間誰しも不機嫌なときやイライラしているときに態度に出ることは、ありますよね。



そのように考えたら、急に今までのイライラが、すっかりおさまりました。



もちろん、今後継続的にそのような態度をとられるのであれば、私には「お付き合いをしない」という選択肢がありますので、そのときはそのときで決断すればよいのです



「相手の立場になって考える」



いろいろなところで言われている言葉ではありますが、実践となると、なかなか難しいのだな、ということを改めて感じた出来事でした。











syaroushi_coach at 13:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年02月14日

世界で一番大事だよ。


最近ますますおしゃべりになってきた2歳の息子くん。



ちょこちょこ動いて、目が離せません



いたずらもどんどんエスカレートしてきているので、私も家でも、外でも、叱ることが多くなってきました




叱られると、息子はうわーん、と泣きだし、



「ゆうたん、さみしいのーーー←息子の名前はユウマといいます。



と訴えます(笑)。




そして



「怒らないでっ。ゆうたん、ママのこと大好きなのーーー




と主張するのです




そのように言われると、親バカの私は、きゅんっと胸が痛くなりますが、




「ママだってユウちゃんのこと大好きだよ。でも、これはダメだから、叱ったんだよ。」



と、言います。



すると、息子は機嫌を持ち直します。息子からすると、「叱られる=(イコール)嫌われる」と感じているから、叱られると不安になるのでしょうね。



忙しかったり、あまりに言うことを聞かないときは、ついついイラっときて怒ってしまうことも正直あります



でも、彼が生まれてから、毎日寝るときに必ず伝えている言葉があります。



それは


「ユウちゃんは、世界で一番大事だよ」

「ユウちゃんは、ママとパパの宝物だよ」

「ユウちゃんのこと、大好きだよ」



という言葉です。



赤ちゃんで言葉もわからないときから、繰り返し繰り返し、伝えてきました。



そして、これは、コーチングで言うところの「存在承認」というスキルで、



「あなたの存在がすばらしい」


「そのままのあなたでいいのよ」




という私から彼へのメッセージでもあるのです。




最近では、大人がいっている言葉もすっかりわかるようになってきた息子ですが、このようなメッセージを伝えると、照れくさそうに微笑みながら眠りに落ちます。




ここ最近、お客さまとのご相談の中でも、部下や社員を「叱る」ということについてご相談を受けることが多くなってきています。



「叱る」という行為は、土台に「信頼関係」と「愛」がなければ、どんなに叱っても、無意味だと思います。




そして、この「信頼関係」を築くために必要なもの…それはやっぱり




コミュニケーション




だと思うのです。




息子とのやりとり、そして信頼関係を通じて、改めてコミュニケーションの大切さを、実感する今日このごろです







syaroushi_coach at 13:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年01月19日

小さくても、いいのです!



2009年の抱負や目標、きっと皆さんも決められたことと思います。


抱負や目標が決まったら、次にやるべきことは…


そう!


「行動を起こすこと」


ですね。


行動が大事!!ということは、あちらこちらで言われていますし、おそらくほとんどの方も知識としてご存じのことと思います。


ですが、この「行動する」ということが意外とハードルが高かったりして・・・


ついつい億劫になってしまい、行動することを後回しにしてしまう…ひょっとしたらそんなこともあるかもしれません。



実は私自身も、昨年から1〜2か月くらい、ずっと悩んでいたことがありました。



悶々と自分の中で考えていましたが、コレが決着がつかない限り、前にも後ろにも進めないような出来事でした。


そこで、思い切って行動することにしたのですが…


その行動とは、



ある人に1通メールを送る



という行動だったのです。


メールを送った後、すぐにその人からメールの返信があり、なんと…!あっという間に悩みは解決したのでした^^;



メールと言っても、すごい長文のメールではありませんよ。



本当に、短い、簡単なメールです。



それでも、たった1通「メールを送る」という「行動」を起こしたことで、前に進む道がはっきりし、自分が悩んでいたことがスッキリ解決するのだから、本当に不思議です…!



「行動、行動!」と言われると、何だか引いてしまう人もいるかもしれませんが、決して大きな行動である必要はありません。



ほんとーーーに小さな、些細なことでいいのです。



ほんの些細な小さな行動でも、これだけ変化があるのだな〜〜〜〜と改めて感じた出来事でした







syaroushi_coach at 12:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年11月13日

どうしたら人の話を聞けるようになるのか?


社員のことで悩んでいる社員を1人以上雇っている中小企業経営者の方に、
私が今まで社会保険労務士としてコーチとして多くの会社に関わってきて気づいた、驚くほどシンプルな社員を自発的に動かすための、考え方やポイントについて、体系的にまとめたセミナーを開催します!

「小予算であなたの会社の社員が10倍働くようになる人材活用セミナー」

 日時:平成20年12月4日(木)14時00分〜16時30分
※お申し込み詳細はこちらから!
http://www.yoshikawa-roumu.net/20081204.html

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




「吉川さんは、なぜそんなに人の話が聞けるの?!」



と最近よく聞かれます(^ー^)



もちろんコーチという職業は、人の話を聞くことが仕事ですので、当たり前といえば当たり前なのですが、私にとってはこのように言っていただけることは最高の褒め言葉です★



もともと小さいころから、人の話を聞くことは好きでした。



そして、もちろん、きちんと聞くトレーニングをしたから話を聞くことができる、ということもあります。



でも、それだけでは、人の話を聞くことはできない、と断言できます。



では、どうしたら、話を聞くことができるのか、というと…




自分の話をよく聞いてもらうこと



これにつきると思います。



私もコーチをお願いしていますのでマイコーチと話をするときは、とにかくばあーーっと一方的に話をして、話を聞いてもらい、すっきり



もしもこの時間をとっていなかったら、


どんなに話を聞くことが好きでも


どんなに、話を聞くことの重要性がわかっていても


どんなに、話を聞こうとしても



ついつい自分のことを考えてしまったり、聞いているふりをして、本当に聞いていなかったり、ということが起きると思います。



可能であれば、ご家族やお友達で、自分の話をとにかくただ黙って聞いてくれる人がいてくれるといいのですが、実際は、家族や友達も、



「私の話を先に聞いてほしい〜!」



と競争になってしまい、話を聞いてもらう機会が少ないのかもしれません。



そんなときは、まずは自分から相手の話を聞き、そのあとに自分の話を聞いてもらうよう、リクエストしてみてはいかがでしょうか…!



そして、もしもそれがどうしても難しい場合は、ぜひコーチを雇って、自分の話を聞いてもらう場を作ってみてください^^



私は、日々の仕事を通して、中小企業経営者の方々のお話を聞くたびに



「中小企業経営者の方々は、もっと話を聞いてもらう場を必要としているはずだ!」



と感じています。



経営者ほど孤独な立場の方はいらっしゃいません。



でも、スタッフや家族にも話せない悩みを抱えているのです。



そんなとき、特にアドバイスでもなく、ただたっぷり話を聞いてもらえる場があったら、次の行動に移すためのエネルギーが高まったり、普段はなかなか聞く気にならなかった社員の話を聞くこともできるようになるかもしれないと思うのです。



聞くことがどんなに大事か!は、自分が話を聞いてもらって、初めてわかることかもしれません。



相手の話を聞き、安心して自分の話を話せる関係を、作っていくことが一番ですね。








syaroushi_coach at 10:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年11月05日

モヤモヤを軽くするために!


毎日やらなければならないタスクが増えてくると、あれもこれもと頭の中がグルグルまわって、どこから手をつけたらよいか、わからなくなるときがあります(^^;)




そんなときは、ノートとペンをもって、



未完了項目(やらなければならないタスク)



をひとつひとつピックアップして書いていきます。





未完了リスト















たったこれだけですが、未完了のタスクが見えるようになるだけで、すっきり



よく、問題解決のためには、現状把握が大事、といいますが、本当ですね(^_^)



何をしなければならないのかが見えるようになっただけで、モヤモヤの半分くらいは軽くなります




この未完了リストを作成する際のポイントとしては、ビジネスのことだけではなくプライベートのことなども含めてリストアップするということです。




意外とプライベートで気になっていることが、仕事に対するエネルギーをそいでいる、ということも多々あります




ですから、ビジネスもプライベートもそれぞれ完了しなければならないタスクを、いっぺんにリスト化することをおススメします




リストが完了したら、あとは一つ一つ完了していくだけですね



たったひとつでも未完了が完了すると、スッキリ感とともに、エネルギーが上がってくるから不思議です★


さあ〜、私もやっと未完了事項のリストアップがすみましたので、集中してこの未完了を完成させていきま〜す!!









syaroushi_coach at 09:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年10月11日

魔法の質問


日々クライアントさんと打ち合わせやご相談をお受けする中で、私が必ずと言っていいほど使う質問があります。


それは



「○○さんは、どうしたいのですか?」



という質問です。



この質問はとっーてもシンプルな質問ですが、私にとってこの質問を手に入れたことは、仕事やプライベートにおいて、大きな変化を与えてくれるきっかけになったほど、重要な質問となりました。



最初はこの質問をクライアントさんに使うことは、とてもためらいがありました。



なぜなら、私は、クライアントさんは私からのアドバイスを求めているのだから、アドバイスしなければいけないと思いこんでいたからです。



それなのに、アドバイスしないで「どうしたいんですか?」と聞いたら、おかしく思われるのではないか…と怖くて使えませんでした




ところが、この質問は、たとえば労使トラブルのご相談を受けているときにも、クライアントさんにすることでとても機能することがわかりました。



なぜなら、どんなに法律的に問題があっても、どんなにリスクがあっても、結局最終の決断をするのはクライアントさんご自身であるからです。



自分で決めるためには、やはり自分が何を望んでいるのかを知る必要がありますよね。



クライアントさんが「どうしたいのか」がわかれば、その気持ちを大事にして、いろいろと策を練ることができます



この「どうしたいのか?」という質問は、本当にシンプルですが、実は意外と仕事上、日常生活上、聞かれることが少ない質問なのではないかなあ、と感じます。




本当は自分以外の人に聞いてもらったほうが、機能しますが、自分の気持ちがわからないときや、なかなか決断できないときは、ふと立ち止まって自分自身に



「私はどうしたいのかな?」



と聞いてみると、自分の気持ちと向き合うことができます。



ぜひ、試してみてください







syaroushi_coach at 07:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年09月22日

コーチング2008に参加してきました!

先週末は日本コーチ協会主催 の「コーチ大会〜COAHING2008〜」にスピーカーとして参加してきました!




コーチ大会とは、全国からコーチが集まる、意見交換と情報交流の場として1年に1回、開催されている大会です。




今年はどうやら約400名ほどの参加者があったようです





その中の分科会のひとつである




「選ばれる士業の条件〜コーチングを経営に生かす〜」




にて、他3名の士業の先生方とパネルディスカッションという形で以下のポイントについて私の考えをお話しをさせていただきました。





1.現在の業務内容、また現在士業の業界をどのように考えてるか?


2.コーチングのどこに興味を持ったか?


3.コーチングをどのように業務に取り入れているか?


4.今後、どのような事務所にしていきたいか? また、どのような事務所が求められていくと考えてるか?




ご一緒に参加させていただいた先生方の「士業の仕事へのコーチングの活用方法」を聞かせていただくことで、私自身も大変勉強になりましたが、やはり、参加者4人が共通して生かしているコーチングスキルは、




「聞く」



スキルでした。




この「聞く」というスキルは、簡単なようで大変難しいスキルですので、このスキルだけでも仕事に生かすことができると顧客満足度も上がり、他事務所との差別化になる!と改めて感じました。




そして、実はこの大会への参加とは別に、もう一つ感慨深いことがありました。




今までお会いしたことがなかったマイコーチに初めてお会いすることができたのです



現在のマイコーチは初代マイコーチのご紹介で、約2年前ほどからほぼ週1回のペースでコーチしていただいています。



なんと「承認の女王」という別名を持つコーチなのです!



その名のとおり、いつでもどんなときでも力強い承認をしてもらえることで、不安が吹き飛び、何度も背中を後押ししてもらいました。



通常のセッションは電話で行うため、お声のみのお付き合いだったのですが、このほど初めてお会いすることができ、とてもうれしかったです




コーチ大会が終わった後は、久しぶりにこのようなコーチの会に参加したからか、思った以上にエネルギーを消耗していたようです。でも、とても楽しく刺激的な1日を過ごすことができました(^-^)/









syaroushi_coach at 11:17|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2008年09月04日

私は信じています。


昨年末からお付き合いさせていただいてる会社の社長さん。



何十年も前から地域密着型の会社経営をされてきていて、社員も長く務めており、今までは特に大きなトラブルもなく、円満な関係を築いてきていました。



ですが、そろそろ世代交代も考えなければならないタイミングとなってきたため、いままでなあなあになっていたルールや、役割分担、業務引き継ぎなどを進めていく必要がある、ということで、当事務所にお問い合わせをいただきました。



それから約9か月…



たった9か月しかたっていないのに、すごい変化が起きています



昨年末、初めてお会いしたときには、



「現在の部長が、定年退職を迎えるので、業務を引き継いでくれる人材を探さなければならないが、どのような方法で探したらいいのかわからない」



とおっしゃっていたのが、今では、新しい部長の方が入社され、すでに業務の引き継ぎをしており…



「ベテラン社員が仕事を抱え込んでしまって、若手社員に仕事を引き継がない」



と困っていたのが、一部の業務はすでに若手社員の方に引き継ぎが完了していたり…



細かい変化はまだまだあるのですが、本当に短期間でいろいろな変化が起こり、まさに今新しく会社が変わっていくタイミングである、と実感しています。



そして、何が一番すばらしいのか、というと、やはりすべて行動されている社長さんご自身の行動力です。



本当に、本当に不思議なことですが、行動をすると、必ず、何かしらの変化がおきます。



一歩一歩は小さくても、必ず変わるのです。



おそらく、上にあげたような課題は、今まで気付きながらも、どうやって動いたらいいのかがわからなかったため、手をつけずにきてしまっていたことなのだと思います。



お問い合わせをいただいたとき、私は次のようにはっきりとお伝えしたことを覚えています。




「私は、社長さんのサポートをすることはできますが、社長さんの代わりに行動することはできません。行動するのは、社長さんご自身です。そこだけは、必ずご了承ください。」

※これは、私がコーチングを始める前に必ず確認させていただいていることです。


ご自身が今起きている問題に逃げずに向きあう、と決断されると、不思議と行動も変わります。



そして、次から次へと事件(?!)が起こります。



正直私も、苦しくなったり、驚いたりするようなことが立て続けに起こることも珍しくないのですが、それでも不思議と全く心配していません。



なぜなら、私は必ず社長さんご自身が解決されると、信じているからです。



事実、どんな問題にも、間違いなく、必ず社長さんご自身で解決されています。



当事務所が、私ができることは、あくまでもサポートのみ。



それでも、サポートがあることで、行動できるようになったといわれるのなら、こんなにうれしいことはありません…!!!


今後も、コーチとして社労士として、↑このようにおっしゃっていただけるようなサポートをしていきたいと思います(^_^)






syaroushi_coach at 23:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年05月07日

決断し行動することで予定どおりの結果が手に入る!

ちょうど1年少し前から関与させていただいていた、ある会社さん。



社内にいろいろな問題を抱えながら、ずっと手をつけられず、何とかしたい、でもどうしたらいいのかわからない、といった悩みを抱えて、当事務所にご相談をいただいたことがきっかけでお付き合いが始まりました。



それから1年。



本当にありえないような出来事が、次から次へと起こりました。



ですが、



「2008年の3月には、すべてのことに決着をつける」



という、社長さんと奥さんとのコミットメントがあり、ほぼこのタイミングで一通りの決着がつくことになりました。




まだまだ引き続き大変なことは多いのですが、今後は営業や社内体制構築といった、プラスのことに時間をかけていける、とおっしゃるお二人の笑顔が印象的でした。



もちろん私も影で法的なアドバイスや情報提供、その他のサポートをさせていただきましたが、実際に行動し、解決をしたのは、社長さんであり、奥さんです。



お二人が、



「このままではいけない。何とかしなければならない。」



と決断したからこその結果だったと思います。




当事務所も引き続きサポートさせていただきますが、やはり一貫して感じるのは



「決断し行動するのはクライアントさんご自身である」



ということ。



そして当事務所の役割は



「クライアントさんが決断しやすくするための法的、人的アドバイスや情報提供を行い、サポートする」


ということである、と改めて感じました。







syaroushi_coach at 08:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年01月19日

コミュニケーションのレベル(2)


昨日の記事「コミュニケーションのレベル」 について、めずらしく?オットと話をしていたところ・・・





お互いに「なるほど〜」という新たな気付きがありました。





ビジネス上のコミュニケーションのレベルは、「2.情報交換のレベル」が多いと、のお話しをしましたが、ここを超えて「3.正直さのレベル」のコミュニケーションがとれるクライアントさんやパートナーの方々とは、深いお付き合い?ができている、ということです。




過去を振り返ってみても、担当者の方やパートナーの方によって、「いいお付き合いができているな〜」「何でもざっくばらんに話しができるな〜」と感じる方と、そうでない方との違いは、この





コミュニケーションのレベル




が「2.情報交換のレベル」なのか、「3.正直さのレベル」以上なのか、の違いだった!ということがはっきりしました。





最初は「情報交換のレベル」だったのが、何かをきっかけにプライベートの話をするようになったり、一緒にお酒を飲みに行くようになったりすることで、コミュニケーションのレベルが「3.正直さのレベル」に上がっていた・・・ということなんですね。





今まで無意識に感じていたことが、このコミュニケーションのレベルにあてはめてみることで、妙にスッキリ納得できました。






やはり、誰かと気付きをシェアできると、より理解や気付きが深まりますね!



--------------

■2007年9月 2冊目の本を出版しました!


「社会保険・労働保険」 はじめての届出&かんたん手続き (図解はじめて)


特に同業者(社会保険労務士)のみなさまには好評の実務本です。。。よろしければ、ぜひ、ご覧下さいね^^




----------------


■2007年3月本を出版しました。「人ひとり雇うときに読む本」(中経出版)
※みなさんの応援のおかげで、重版となりました。ありがとうございます(^^)

本についての詳細はこちらをクリックしてください♪本の簡単な紹介文と目次がごらんになれます。


人ひとり雇うときに読む本―採用から退職までにかかるお金と実務一切

--------------



■よしかわ労務コンサルティングのホームページです■


企業向けコーチング、個人向けコーチングについてのサービスについてはこちらからご覧ください。

http://www.yoshikawa-coach.com/



よしかわ労務コンサルティング のホームページはこちらです!

こちらも随時更新していく予定ですので、ぜひご覧ください。

http://yoshikawa-roumu.com/


----------------


■無料メルマガ「コーチング社労士吉川直子のなりたい組織になる方法」

コーチング社労士が「なりたい組織」になるために必要なコーチング的視点、社会保険労働保険実務ネタなど幅広く情報提供いたします!


★ご登録とサンプルはこちらから!!






syaroushi_coach at 20:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)